ラジオで会いましょう♪
ラジオで会いましょう♪_b0157157_23345639.jpg
ラジオで会いましょう♪_b0157157_23352080.jpg
今年「むつみのSuper Tuesday!」はいよいよ4年目に突入、間もなく、オンエア150回目をむかえます!!写真上:稲沢市の若手実業家の皆さん(稲沢JC)が出演、稲沢市を元気にするアイデア&心意気を披露して下さいました。写真下:東郷町を拠点に活動する若きプロデューサー吉兼章仁さん(吉軍団・代表)が番組初登場。義理と人情とボランティア、心に沁みるイイ話を披露して下さいました~。
# by mutsumi_teranishi | 2013-01-29 23:55
初・ドアラ。
過日、と或るところで“ドアラ”にバッタリ。で、記念に一枚。
初・ドアラ。_b0157157_13445227.jpg
僕らの小学生時代は、サッカーJリーグもなく、まだまだプロ野球が全盛期の時代。当時は“少年ドラゴンズ”に入会して、バッジと帽子とカレンダーと外野席入場券を手にすることがあこがれだった。子どもたちみんなが野球少年だった時代だ。ちなみに僕は小学校時代は“運動音痴”であこがれの野球部には入れてもらえなかったが、そのおかげで?中学校でテニス部に入り全日本学生選手権や国体に出場できる道を歩むことが出来た。

スポーツは、子どもにも大人にも大きな感動や夢をあたえてくれる。お隣の三重県では鈴木英敬知事のリーダーシップのもと、スポーツ振興を通じた人づくりの研究が始まっていると聞く。老若男女、洋の東西を問わず、もちろん、運動が得手でも苦手でも、スポーツから得られる“何か”は大きい。ただ一方で、昨今、大好きな部活動での取り組みが悲しい結果を招いてしまっている事実からも目を背けてはならない。

スポーツで“最もたいせつなこと”のひとつに“バランス感覚”がある。私たちの社会も、くらしも、教育も、国も、経済も、政治も、“バランス”を崩してはいけない。でもそれこそが一番難しいことである。

バランス感覚”を育む。
スポーツから学ぶことは本当に多い。
# by mutsumi_teranishi | 2013-01-24 14:36
不思議な縁。
愛知県と防衛省の“不思議な縁”。

睦月奔走。昨日は東京(防衛省での陳情)、一昨日は鳥羽市(斉藤たかお名古屋市会議員の伊勢初詣でご挨拶)、で今朝は鈴鹿市(水野富夫愛知県議会議員、北名古屋市会議員の伊勢参りでご挨拶)。
不思議な縁。_b0157157_15153754.jpg
(※写真は、防衛省内にある佐藤正久防衛大臣政務官室で。右から佐藤正久防衛政務官、山下隆義北名古屋市議会議長、水野富夫愛知県議会自民党防衛議員連盟会長、高山萬三清須市議会議長、寺西むつみ)

さて、今から遡ること、およそ350年。
1656年(明暦2年)、徳川御三家のひとつである尾張徳川家(第2代光友公)が、第4代将軍家綱公より5万坪を拝領し、市ヶ谷台に上屋敷を築いた。これが明治維新後に尾張徳川家から返上され、その後、明治7年(1874年)に京都兵学寮が移転されたことを皮切りに、軍事(防衛)に関する拠点としての歴史の変遷を経て、今日に至っている。現代の“国防”のはじまりは江戸時代の“愛知(尾張徳川家)”から?だったのです。
不思議な縁。_b0157157_15163288.jpg
(※上の写真は、市ヶ谷台の歩みを残すために防衛省敷地内で移設された「市ヶ谷記念館」。写真に見える2階バルコニーは、作家・三島由紀夫氏が“最後の演説”を行ったあまりに有名なあの場所である。)
不思議な縁。_b0157157_1517288.jpg
「市ヶ谷記念館」の一階にある(移設前当時は二階)陸軍士官学校の大講堂。昭和21年5月から同23年11月までの間、ここが極東国際軍事裁判(東京裁判)の法定として使われたこともあまりにも有名である。正面ステージ上には「玉座」と記されている。近代日本、歴史の現場、市ヶ谷台を訪れる機会をいただけたことに感謝。
# by mutsumi_teranishi | 2013-01-22 23:04
遷宮の年。
遷宮の年。_b0157157_14461597.jpg
今年も早2週間が過ぎた。一年、53週、なんてあっという間だ。昨日は、地元で開催された成人式式典に来賓としてお招きを受け、名古屋市立中村小学校と名古屋市立稲葉地小学校へお邪魔しました。20年前に生まれた後輩たち、かれらの人生はまだまだこれから先の方がずっと長い。20年に一度の自らを振り返る貴重な日、それが成人式なのかもしれない。

今年はお隣の三重県でも20年に一度の、「伊勢神宮式年遷宮」が執り行われる年。成人式も式年遷宮も、僕たち日本人のDNAには、“20年”という不思議な時間が刻み込まれているのかもしれない。

今朝は、昨年末の衆議院選挙でも大変お世話になった清須市の皆さんの恒例お伊勢神宮参りバス旅行。早朝、凍えるような寒さの中、御在所SAへお見送りに行ってきました。皆さんに“20年分のご利益”がありますように!!(写真左から:伊藤よしおき前清須市議会議長、加藤静治清須市長、寺西むつみ
# by mutsumi_teranishi | 2013-01-15 14:46
仲間の温もり。
仲間の温もり。_b0157157_20464246.jpg
年末年始、連日連夜の忘年会&新年会でのご挨拶、ドタバタの中で東奔西走を繰り返しているうちに、気がつけば1月10日。今日は、政治の道を志す以前、20年以上勤務しお世話になった株式会社電通が年に一度主催して開催される賀詞交歓会「電通年賀会」に、光栄にもご招待をいただいた。久しぶりに懐かしい先輩や同僚、後輩たちの元気そうな顔に出会え、慣れ親しんだ空気の中で久々にリラックスした時間を過ごさせて頂いた。今尚、笑顔で声をかけて下さる古巣の仲間の皆さんに、感謝、感謝、大感謝。

元同僚・寺西むつみ”は、今年もがんばりますよ~!!
# by mutsumi_teranishi | 2013-01-10 21:38
2013年、睦月。
新年明けましておめでとうございます。

さて、言うまでも無く、一年の始まりは“睦月”、そして締めくくりは“師走”。

月、如月、弥生、卯月、皐月、水無月、文月、葉月、長月、神無月、霜月、師

今年も、“睦(むつみ)”が元旦から、大晦日まで“走る”一年なのである。ご声援の程をよろしくお願い申し上げます!!
# by mutsumi_teranishi | 2013-01-03 20:56
今年もお世話になりました。
先週火曜日、今年最後のオンエアをむかえたMID-FM76.1「むつみSuper Tuesday!」。昨年に引き続き、総勢50名を越える“NAGOYAエンジン(縁人)”の皆さんが「2時間特番」に駆け付けて下さいました。ありがとうございました!!
今年もお世話になりました。_b0157157_2363486.jpg
今年の“お題”は「来年の漢字一文字」。みなさんそれぞれの思いで一筆、揮毫していただきました。
今年もお世話になりました。_b0157157_237169.jpg
今年もお世話になりました。_b0157157_2375785.jpg
FIFAフットサルW杯日本代表(北原選手、森岡選手)、ご当地アイドルグループdelaの皆さんも一筆。貴重な色紙は、たいせつに“展示”?させていただきま~す。
今年もお世話になりました。_b0157157_23142946.jpg
狂言師・十四世野村又三郎さんも、差し入れ担いで(?)駆け付けて下さいました~!!
今年もお世話になりました。_b0157157_23162947.jpg
今年もお世話になりました。_b0157157_2317713.jpg
来年は1月8日(火)からスタート。いよいよ番組は4年目に突入、2月には放送150回目を迎えます。来年も、お聴き逃しなく~♪
# by mutsumi_teranishi | 2012-12-27 23:39
年末も、クリスマスも無い。
今年も消防団による「年末消防特別警戒」が始まった。昨日25日のクリスマスの夜は、中村区内18消防団団長らが中村消防署に集結し、開始式が執り行われ、広報車に乗り込み、冷え込む街へと出発した。昨年の3月11日、東日本大震災では250名を超える消防団員が、最後まで命を懸けて任務を遂行し、尊い命を失った。“世のため人のため”と言葉でいうことは実に簡単だ。しかし、無責任な意見ばかりが目につく現代ニッポンの地域社会、“利他の活動”にこそ、もっと目を向けることが必要だ。
年末も、クリスマスも無い。_b0157157_1634061.jpg
ところで、名古屋市内の消防団は、昭和23年の消防組織法の施行とともに、小学校の通学区域ごとに消防団の設置を推進したもので、中村区の稲葉地消防団が発足したのをはじめ、昭和24年までに市内で101消防団(定員4000名)が発足した。その後は、市町村の編入によりそれぞれに設置されていた消防団が市の消防団として改変。平成23年現在、名古屋市内16区、265団、定員6,820名となっている。名古屋市の消防団は、全国にも珍しい小学校の学区を基本として、消防団が結成されていることで、より地域に根差した活動が展開されている。ちなみに、女性団員は、市内全体で324名。(平成23年4月現在)女性団員も男性団員と同じ責任を担っている。
# by mutsumi_teranishi | 2012-12-26 16:31
どちらさまも・・・
Merry merry Christmas.
どちらさまも・・・_b0157157_13555068.jpg

# by mutsumi_teranishi | 2012-12-25 13:59
Yes, we are!
今年も残すところあと一週間。
今冬も変わらず、“Winter Voice 2012 ”開始しました!
Yes, we are!_b0157157_1735518.jpg
多くの方々から御支援を頂き、愛知5区でも念願の小選挙区勝利を得ることが出来ました。先日のWinter Voice 2012には斉藤たかお名古屋市会議員、小出昭司前・名古屋市会議員、そして、飛び入りで神田憲次衆議院議員が勢揃い。総選挙での御礼と県政報告、市政報告を街角から発信。
Yes, we are!_b0157157_17361425.jpg
       “ Yes, We are Street Politician!  ”
# by mutsumi_teranishi | 2012-12-24 22:31
今年のサンタは、“日本代表”!?
今年のサンタは、サッカー日本代表!? 2年前に交わしたあの約束は、いまも続いている。母校・豊正中学校の後輩、サッカーワールドカップ元日本代表の秋田豊選手(現・FC町田監督)が、今年も故郷へ恩返しにやってきた。FIFAサッカーW杯で驚異の2大会連続日本代表として、世界に挑んだ屈指のディフェンダー秋田豊選手(現在FC町田監督)が母校・名古屋市立豊正中学校でのチャリティーサッカースクールを開催し今年で2年目。
今年のサンタは、“日本代表”!?_b0157157_1801764.jpg
“しっかり自分を出し切る”こと、そして“考える”こと。秋田監督の教えはシンプルだ。シンプルだからこそ、難しい。頑張れ未来の日本代表たち!!
今年のサンタは、“日本代表”!?_b0157157_1804042.jpg
厳しい練習と寒さに耐えた後は“クリスマスプレゼント”のサイン交流会!
今年のサンタは、“日本代表”!?_b0157157_181328.jpg
日本代表屈指のディフェンダーとして、世界の強豪からニッポンを守った『守りの人』は、ふるさと中村区の子ども達との約束をちゃんと守る、世界屈指の“約束を守る人”でもあった。いいぞ、日本代表・秋田豊!!また来年も待ってま~す。
今年のサンタは、“日本代表”!?_b0157157_1812058.jpg
初期の計画段階から苦労を重ねてきたPTA役員の皆さん、丸子校長先生と記念撮影。ちなみに秋田監督は僕の妹の同級生、ご両親も僕の支援をして下さっている家族ぐるみのお付き合い。ふるさとは本当にありがたい。
# by mutsumi_teranishi | 2012-12-24 18:17
今年の漢字一文字。
先日、京都・清水寺で発表された恒例の“今年の漢字”は、「」だった。

一昨年から秘かに始めた寺西むつみの今年の漢字。
(ちなみに2010年の漢字は→ http://mteranishi.exblog.jp/14567590/)
(2011年の漢字は→ http://mteranishi.exblog.jp/17269956/)

愛知県議会議員として2年目を迎えた今年、年末12月16日、ついに民主党政権が崩壊。2009年以来の総選挙の結果、我が自由民主党が大勝、3年半ぶりに政権の座に返り咲くことが確定的となった。思えば、今年も、さまざまな“選択 ”を迫られる一年だった。

やはり、年齢を重ねれば重ねるほど、“人生は選択の連続 ”なのである。

で、今年の漢字は、昨年と同じ『』。
# by mutsumi_teranishi | 2012-12-20 21:33
勝ちにも、負けにも、不思議なし。
衆議院議員選挙が終わった。
我が自由民主党の政権奪還が確実となった。

3年3ヶ月前に候補者として戦った民主党の牙城の愛知5区でも、今回、自民党愛知県連が実施した全国公募により選抜された神田憲次氏を水野富夫愛知県議会議員、寺西むつみ、斉藤高央名古屋市会議員、小出昭司前・名古屋市会議員、岡本善博名古屋市会議員、浅井正仁名古屋市会議員で支え、大方の予想を覆し、念願の小選挙区勝利を得る事が出来た。

勝ちに不思議な勝ちあり、負けに不思議な負け無し。」と言われるが、寺西むつみはこう思う、“勝ちにも、負けにも、不思議なし。 ”
だからこそ、我々は今一度、歴史に学ぶべきなのだと思う。


百発百中の一砲
能く百発一中の
敵砲百門に
対抗しうるを覚らば

我等軍人は
主として武力を
形而上に
求めざるべからず

惟ふに武人の一生は
連綿不断の戦争にして

時の平戦に由り
其の責務に
軽重あるの理なし

事有れば武力を発揮し
事無ければ
これを修養し

終始一貫
その本分を尽くさんのみ

神明はただ
平素の鍛錬に力め

戦わずして
すでに勝てる者に
勝利の栄冠を
授くると同時に

一勝に満足して
治平に安んずる者より
ただちにこれをうばふ

古人曰く
勝って兜の緒を
締めよ
、と

      「坂の上の雲(秋山真之草案:連合艦隊解散之辞)」より

# by mutsumi_teranishi | 2012-12-18 21:46
今年最後のリクエスト?
番組開始以来3年目の師走を迎えるMID-FM76.1「むつみのSuper Tuesday!」、2012年最後のオンエアは12月18日(火)。年内最終オンエアは、今年一年間で番組に出演してくださったすべての方をお招きしての恒例スペシャル編成“120特番”!!
今年最後のリクエスト?_b0157157_135022100.jpg
ちなみに昨年の年末特番では、大村秀章愛知県知事、サッカー元日本代表秋田豊選手、名古屋大学大学院環境学研究科竹内恒夫教授、近藤ひろひと愛知県議会議員などなど総勢50名超の方々が当日スタジオへ駆けつけてくださいました。(写真上)
今年最後のリクエスト?_b0157157_1350545.jpg
今年12月18日(火)の120分特番では、先日、日本を湧かせてくれたフットサルFIFAワールドカップ日本代表が出演決定!!新進気鋭の狂言師十四世野村又三郎さんも出演してくださるとのこと、更に、ご当地駅西アイドルdelaも!!にぎやかなオンエアになりそうです。12月18日(火)午後8時、お楽しみに~♪
# by mutsumi_teranishi | 2012-12-09 22:47
日本代表 VS 大村知事
今日の午後は知事公館にて、先月開催された「フットサルFIFAワールドカップ」で史上初のベスト16進出という快挙を成し遂げた日本代表5人の男(名古屋オーシャンズ)たちが大村秀章知事に帰国報告。彼らの活躍が愛知の元気につながることを大いに期待したい。リーグ6連覇目指して、がんばれ名古屋オーシャンズ!!
日本代表 VS 大村知事_b0157157_15264566.jpg
(前列左から、逸見勝利ラファエル選手、木暮賢一郎選手、川原永光選手、大村秀章知事、森岡薫選手、北原亘選手、その後ろは寺西むつみ。)
日本代表 VS 大村知事_b0157157_1527121.jpg
この後、大村知事と選手たちが記念ボールでリフティングを始めるハプニング。やっぱりスポーツは良いね!!
# by mutsumi_teranishi | 2012-12-04 21:27
「9」から「21」へ
「9」から「21」へ_b0157157_1338358.jpg
今日12月3日(月)、12月定例愛知県議会が開会した。会期は12月20日(木)までの18日間だ。今議会、思わぬことが起きた。それは“席換え”である。先月の岡崎市長選挙に伴う補欠選挙で、中根義高県議が見事当選を果たした為、当選回数年少順に並ぶ慣例に則り、議場の席が移動する。
「9」から「21」へ_b0157157_1339397.jpg
僕より年下40歳の中根議員が入ることにより、僕が最前列(9番)から2列目(21番)へジャンプアップ?となることが決まった。ちなみにこれも議会の承認を経て決められるしくみだ。
「9」から「21」へ_b0157157_13392661.jpg
というわけで、この景色ともお別れなのである。政治の世界は“椅子取りゲーム”ばかり(?)かと思っていたが、ちゃんとした“席換え”もあった。
(尚、写真は、もちろん本会議開催中に撮影したものでは一切ありません。)
# by mutsumi_teranishi | 2012-12-03 23:55
たまピカ、100年。
今から7年前、電通勤務時代のこと。
New Yorkへ出張した際、偶然、ひとりの日本人と昼食をご一緒する機会があった。その人こそ、世界最大の卵メーカー「エッグ・キング」とNew York Times紙の一面トップ記事に取り上げられ、「たまごでピカソを買った男(日本経済新聞社出版)」(ちなみに僕はこの本のことを“たまピカ”と呼んでいる)と、本にまでなっている立志伝中の人、イセ食品グループ総帥、伊勢彦信会長である。

日本ではあまり知られていないこの“巨人”、芸術文化でも、世界が絶賛する数少ない日本人のひとり。数年前にフランス政府から文化芸術に多大な貢献をした方にのみ送られるシュバリエ文化勲章を受けている。
たまピカ、100年。_b0157157_1340351.jpg
その伊勢会長率いるグループの創立100周年を祝う宴に御招きを受け上京した。企業寿命30年と言われる昨今、100年も成長し続ける企業を一代でつくり上げた、まさに成功の歴史100年。
たまピカ、100年。_b0157157_13405782.jpg
ちなみに世界で一番多くのピカソの絵画を持っている個人コレクターはこの伊勢会長に他ならない。世界中の名だたる美術館の館長が、直々に富山県高岡市の伊勢会長の御自宅まで絵画を借りに来るのだから、スゴイ。(写真上:鳩山幸元首相夫人もイセ文化基金の立役者の一人)

いったい何個卵を売ったら、ピカソの絵が買えるのだろうか?
# by mutsumi_teranishi | 2012-12-01 23:41
武士道
武士道_b0157157_1529851.jpg
過日、京都を訪れた際、幸運にも野中廣務元自由民主党幹事長・元官房長官にお目にかかることが出来ました。もしも、未だこの国に『もののふ(武士)』と呼ばれる人物が存在するとしたら、きっと野中先生のような方なのだど思う。思えば3年前、前回衆議院総選挙に敗れた直後、野中広務元幹事長へのご挨拶に京都を訪れた。ただただ黙って昼食をご一緒させて頂き、京都駅前で横断歩道を渡ろうとした別れ際、不意に大きな声で、『おい寺西君、あきらめたらあかんで!!』と言って下さった。あの言葉があったから、ここまで立ち直れたのだ。あの時の記憶がよみがえった。

そう、人生何事も、あきらめたらあかん。
何度でもチャレンジすればいい。
こけたら起きなはれ、の精神なのである。
# by mutsumi_teranishi | 2012-11-28 22:29
(失業率)≒(失望率)
文科省の調査によれば、今春の大学卒業者(約55万6000人)の就職率は約64%(約35万8000人)だそうだ。つまり、5人に2が、大学を卒業しても就職先がないということになる。

ちなみに、就職できたといってもそのうちの約4%(約22,000人)は、非正規雇用(派遣社員や契約社員)、必ずしも安定就業とは言えない。

一方、我が国の失業率は現在約4%強。(完全失業者数約275万人)
失業率の定義は、完全失業者数÷(就業者数+完全失業者数)×100。

就業者数+完全失業者数は労働力人口ともいわれるが、失業は、仕事がなく、仕事を探している者である。仕事がなくて、仕事をしたくても、仕事を探していない者は、失業者にはカウントされない。3年半前の衆議院総選挙後、寺西むつみもこの中に“完全失業者”としてカウントされていた実績(?)がある。

総選挙まで残り10日、離合集散による政党乱立、政治(家)に対する不信。
未来の日本を支える現代の若者たちの“失望率”は高まるばかり。

政治に託された大きな役割、それは、社会に、希望の光を灯すこと。
所属政党を問わず、すべての候補者に共通する重大な責務である。
どこ”ではなく“だれ”に託すかが問われる総選挙が始まる。

戦いに身を投じるすべての同志に、心からエールを送る。
# by mutsumi_teranishi | 2012-11-23 22:55
女性の視点。
衝撃の党首会談、衆議院解散を経て1週間余り。

先日、支援者の方々との会話で、

Aさん:「野田総理、男を上げたわよねぇ。」
(たしかにニュースで取り上げられる“あの場面”は優位に見える。)

Bさん:「安倍さんはちょっと、何回も同じこといい過ぎだと思ったわ。」
(“さん”付けなのは親しみの証拠だ、いいぞ、とは言え厳しいなぁ。党首討論の時の“表情”は受け身に映るのだろう。)

Cさん:「あ、ところで最近、河村たかし、ちょっと可哀想に見えてきた。」
(いきなり呼び捨て。しかし、これこそが河村人気のユニークさなのだろう。)

Aさん:「そうそう“名古屋飛ばし”だって言ってたわ。」
(う~ん、そういう話ではないのだが、確かに、過去の“新幹線”問題以来、名古屋市民が反応する“キーワード”である。)

Bさん:「大村さん、維新やめて結局河村さんと仲直りしたんだね。もともと二人で勝ったんだから、正しいんじゃない。」
(たしかに、スジが通っている。ここでも“さん”付け、これもまた親近感がある証拠だ。それにしてもよく見ているなぁ。)

雑談の中でのひとコマなのだが、女性の視点は鋭い、そして本質を突いている。僕たちは無意識に、メディアに映し出される“瞬間”で、その優劣や勝敗を瞬時に判断しているのかも知れない。我々国民の“正しい選択”を、メディアが大きく左右する時代。その責任は一層大きく重くなっている。

東京でも大阪でもない、ここ愛知・名古屋では、独特の“期待感”を放つキャラクターが支持されるのだろう。間もなく始まる総選挙、選ぶ視点はひとつ、“どこ”ではなく“だれ”に託すか。
# by mutsumi_teranishi | 2012-11-22 23:37
時をかける。
先週末、石破茂自由民主党幹事長が就任後、初来名。
JR名古屋駅を選挙区内(名古屋市中村区)に抱く地元選出県議会議員の寺西むつみは、長い慣習に倣い、当然、名古屋駅新幹線ホームへお出迎えに向かわなければならない。驚くほどの人数の警護に守られながら足早に通用口へ、黒塗りのハイヤーに乗り込む。新幹線を降りてからハイヤーに乗り込むまで、この間、およそ3~4分。“時の人”は、“時を駆け抜ける人”なのである。日本を取り戻せ、政権奪還、自民党
時をかける。_b0157157_23233585.jpg

# by mutsumi_teranishi | 2012-11-13 23:11
“光”となって、進め。
議員は、“議会人としての仕事”と“政治家としての活動”と“選挙人としての運動”の“3アクション”を日々意識してこなしていかなければならない。特に議会人としての仕事以外は、“セオリー”も“マニュアル”も何も無い。
あるのはただ“運”と“縁”と“勘”のみ。先週、議員として初の後援会研修旅行を実施した。一泊二日の日程にもかかわらず、約300名を越える方が参画して下さった。これは“政治家としての活動”にあてはまる。県政報告や質疑応答など、支援者の方々とじっくりと対話できることがこうした研修旅行の相互利点である。
“光”となって、進め。_b0157157_2023743.jpg
“昇る朝日”は今日への‘勇気’を、
“沈む夕日”は明日への‘希望’を与えてくれる。
(写真上は、研修旅行の会場から見た、明日への‘希望’。)
“光”となって、進め。_b0157157_2032920.jpg
瀬戸大橋を渡るのは、実は人生初体験。
“光”となって、進め。_b0157157_22202476.jpg
首長であれ、国会議員であれ、都道府県議会議員であれ、市町村会議員であれ、政治家は選挙に勝たなければ“職場”を与えてもらえない。その為の“活動”も“運動”また“仕事”の一部と考えるべきなのだろう。それにしても“議員(政治家)”という職業は、想像以上に息つく暇のない日々である。まさに“一寸先は闇”と割り切って、自らが“光”となってひたすら進んで行かなければならない。
# by mutsumi_teranishi | 2012-11-10 20:03
スポーツの秋。~GG初参戦の巻~
さて、今秋は昨年にも増して忙しい。一昨日2日までの3日間は、大阪~京都~奈良と近畿圏を駆け足で常任委員会調査で訪れた。で、11月最初の週末の昨日3日(土)は、後援会の“グランドゴルフ大会”に初参戦、16ホールのフル出場。更にその後は、地元で開催されている学区主催運動会、親子レクレーション大会などでご挨拶へ奔走。
スポーツの秋。~GG初参戦の巻~_b0157157_1959101.jpg
スポーツの秋。~GG初参戦の巻~_b0157157_19593454.jpg
あっという間の秋の週末。
# by mutsumi_teranishi | 2012-11-04 20:28
芸術の秋。~「町家」×「アート」の巻 ②~
芸術の秋。~「町家」×「アート」の巻 ②~_b0157157_1956428.jpg
10月31日から昨日11月2日までの3日間、愛知県議会総務県民常任委員会県外調査で京阪奈(けいはんな)と呼ばれる近畿圏を訪れた。最後の調査先となった奈良県大和郡山市では、2027年に東京から名古屋まで開通する計画が進んでいるリニア中央新幹線の名古屋から大阪への延伸計画で、奈良県内でのリニア駅を誘致している都市である。リニア中央新幹線計画では通過する各県において“一県一駅”を提唱している。(写真上:かつてこの街が大火災に見舞われた歴史の“火の見やぐら”のモニュメント)
芸術の秋。~「町家」×「アート」の巻 ②~_b0157157_1957345.jpg
昨年メディアにたたかれた海外視察調査団の際も思ったことだが、議員団の調査視察というのは、民間企業に勤めていた時の出張以上に、めまぐるしく忙しくあわただしく息つく暇がない。ようやく全日程を終え、見上げた秋空は“いにしえ”より続く秋の色。(写真上:奈良の都で、ほっとした瞬間。)
# by mutsumi_teranishi | 2012-11-03 22:58
芸術の秋。~「町家」×「アート」の巻 ①~
昨年から、奈良県が中心となって県内複数の都市で開催してる「町家」×「アート」による地域力向上事業、奈良・町家の芸術祭“HANARART2012 ”。総務県民常任委員会最終日の今日11月2日は、現地調査で大和郡山市の町家へ向かった。
芸術の秋。~「町家」×「アート」の巻 ①~_b0157157_19531942.jpg
この町家一帯は、東京で言えば“かつての吉原”、名古屋で言えば“かつての中村”。
芸術の秋。~「町家」×「アート」の巻 ①~_b0157157_19535293.jpg
訪れた町家は、それぞれの個性を活かし、かなりイイ感じに仕上がっている。
芸術の秋。~「町家」×「アート」の巻 ①~_b0157157_19541595.jpg
愛知県では、昨年好評を得た「あいちトリエンナーレ」が、来年2回目の開催を迎える。現代アートと古い街並みの融合、持続可能な予算確保等々困難なハードルの数々、知恵を絞る担当者の苦労は、“元イベント屋”として痛いほどわかる。
芸術の秋。~「町家」×「アート」の巻 ①~_b0157157_14124246.jpg
上の写真は、奈良公園に隣接する奈良県庁内で行われた事業担当者との会議の様子。柔らかな日差しが差し込む窓の外は“鹿だらけ”だった。
# by mutsumi_teranishi | 2012-11-02 23:41
読書の秋。~国立国会図書館・関西館の巻~
総務県民常任委員会2日目は、昨日の防災施策に関する調査と打って変わって、文化行政に関する調査視察。京都市内中心地にある「京都マンガミュージアム」を調査後、バスで約1時間かけ訪れたのは、京都府相楽郡にある「国立国会図書館・関西館」。まさか、国立国会図書館が霞が関以外にもあるとは知らなかった。
読書の秋。~国立国会図書館・関西館の巻~_b0157157_19485954.jpg
今年開館10年目を迎える関西館、正直なところ、こんな不便な場所にこれほど贅沢な施設がどうして必要なのかと疑問を抱く。開館2002年と言えば、バブル期後半、“ハコモノ行政”の遺産なのかも知れない。
読書の秋。~国立国会図書館・関西館の巻~_b0157157_19491266.jpg
とはいえ、収蔵能力600万冊(東京本館は1200万冊)を誇る国立国会図書館関西館の収蔵庫(一般立ち入り禁止区域)は“現代アート”の作品?と見紛うような空間。すばらしい施設、収蔵能力、デジタル化により外部からもサービスが受けられる。我が国国民は、大いに活用するべきだ。
読書の秋。~国立国会図書館・関西館の巻~_b0157157_19511664.jpg
それにしても、こんなにもすごい施設が京都にあったなんて、10年間、まったく知らなかった~。
# by mutsumi_teranishi | 2012-11-02 00:06
読書の秋。~マンガミュージアムの巻~
総務県民常任委員会県外調査2日目の今日は、「京都国際マンガミュージアム」では“新産業”としての取組みの実状について調査&ヒアリング。“京の町衆”との連携が生み出した「京都国際マンガミュージアム」は、廃校となった小学校を“新しい研究機関”として再生したものだ。
読書の秋。~マンガミュージアムの巻~_b0157157_194554100.jpg
ちなみにデジタルアニメーションなどのコンテンツ産業への着眼は、実は愛知県が最先端(1989年当時から着目)である。僕が前職時代に政策策定に深く携わった“神田真秋前愛知県知事への提言書・「夢あいち21」”にそれを記載したことを覚えている。
読書の秋。~マンガミュージアムの巻~_b0157157_194621100.jpg
かつての教室(勉強の場)は、いまや子どもたちの“マンガ図書館”。
読書の秋。~マンガミュージアムの巻~_b0157157_12211447.jpg
ここでは行政刊行物や一般患者向け医療説明書など、複雑な読み物の“マンガ化”に取り組む業務などを受注し、自給自足による人材育成もすすめている。
読書の秋。~マンガミュージアムの巻~_b0157157_19465776.jpg
我が国が世界に誇る“古都・Kyoto ”。歴史が培った、文化を育む町衆のセンスが光る。
# by mutsumi_teranishi | 2012-11-01 22:55
総務県民常任委員会、県外調査(防災)の巻
今日10月31日は、総務県民常任委員会調査の為、今年4月1日から供用が開始された京阪神都市圏における大規模震災時における「堺泉北港堺2区基幹的広域防災拠点」(大阪府堺市)を訪れた。
総務県民常任委員会、県外調査(防災)の巻_b0157157_1159112.jpg
ここは、大規模災害や府県境界を越えた広域的災害発生時に緊急物資輸送の中継拠点や広域支援部隊のベースキャンプとして機能するように全体事業費と187億円を費やし整備されている。実は、愛知県内にはこのような広域防災拠点がまだ無い。国内全体を見渡しても、神奈川県川崎市に次いでこの近畿圏が2番目の設置。ここでは被災想定約120万人分の食料等物資の中継が可能である。
総務県民常任委員会、県外調査(防災)の巻_b0157157_11593466.jpg
明日は引き続き、京都府、奈良県議会を訪問し文化行政の調査に入る。総務県民常任委員会の守備範囲は総務、知事政策、財政、防災、人事、県民生活(芸術文化、あいちトリエンナーレ等も所管)と、8つの常任委員会の中でも際立って守備範囲が広い。やりがいがある。
# by mutsumi_teranishi | 2012-10-31 23:39
GREEN AICHI 2015
昨日26日(金)は、6月定例議会の一般質問でも取り上げた、“愛知万博10周年記念事業”に関わる視察の為、同僚の近藤ひろひと県議(日進市選出)と東京へ向かった。愛知県では、万博開催からちょうど10年目を迎える2015年に、「全国都市緑化フェア」を誘致開催することを計画している。
GREEN AICHI 2015_b0157157_828569.jpg
このイベントは、国交省が主管省庁となって毎年全国で会場を変え開催されている。昨年2011年は熊本、来年2013年は鳥取、2014年は浜松、そして2015年に愛知県(モリコロパーク)での開催を目指す。今年の開催地、東京では6つのメイン会場、会期30日間で行われ、目標入場者は500万人。総事業費は約15億円、民間協賛は約4億円と言われている。
GREEN AICHI 2015_b0157157_8272320.jpg
季節を問わず、あらゆるジャンルのイベントが、都内の至る所で開催され続けている首都・東京。今回の「全国都市緑化フェス(TOKYO GREEN 2012)」は、正直なところ、既存の都市公園を活用した“一過性”の感は否めなかった。
GREEN AICHI 2015_b0157157_8284592.jpg
事前調査に入った山本浩史県議(田原市選出)によれば、「元々、本年開催予定の自治体が急遽開催を取りやめ、その結果、東京都が引き受けたという経緯があるとのこと、通常3年程度の準備期間を要するが今回は1年半という短期間で実施に至った。こうした事情も今回のフェアを総括する上で忘れてはならない。」としている。2015年、開催地は“花の王国・愛知”。夢は、限りなく大きく広げて行きたいと思う。
GREEN AICHI 2015_b0157157_8293087.jpgGREEN AICHI 2015_b0157157_832033.jpg











                                        
# by mutsumi_teranishi | 2012-10-27 21:31
今日は秋晴れ、Autumn Voice 2012!
10月21日(日)、朝から中村区内4ヶ所で同時に開催されている学区運動会にご挨拶に奔走!午後は、名古屋駅北西地区を中心に、6ヶ所でAutumn Voice 2012を実施。
今日は秋晴れ、Autumn Voice 2012!_b0157157_1528225.jpg
こうした“ストリート勝負”をはじめたのは4年前の衆議院総選挙に出馬を決めて以来、のべ3年以上にわたり続いている。
今日は秋晴れ、Autumn Voice 2012!_b0157157_15284068.jpg
今日は、小出昭司前名古屋市会議員(現・自民党中村区支部政調会長)とのコラボレーション。
今日は秋晴れ、Autumn Voice 2012!_b0157157_15285820.jpg
来週は斉藤たかお名古屋市会議員(現・自民党中村区支部幹事長)も合流し、3人揃い踏みで“街角からの政治発信”を実施します。ぜひ激励のお声掛けを!
今日は秋晴れ、Autumn Voice 2012!_b0157157_15291150.jpg
マイクの柄が“草間彌生 ”じゃない?との鋭いご指摘も。(笑)
# by mutsumi_teranishi | 2012-10-22 09:57
寺西むつみ 公式ブログ
カテゴリ
全体
以前の記事
2019年 10月
2019年 01月
2017年 06月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 04月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧