<   2009年 07月 ( 37 )   > この月の画像一覧
星に願いを。
きょうは七夕、あいにくの雨模様。選挙区内を歩いている途中、子ども達の元気な声が聞こえた来た。小雨の中、七夕祭りをやっていた幼稚園に“子ども達への激励”にお邪魔させていただきました。「早く結婚したい。」と書いてある短冊を見つけて驚いていたら、先生の短冊でした。
星に願いを。_b0157157_1531831.jpg
子ども達がいつまでも元気で健やかに暮らせる街づくり国づくりを、園長先生や父兄のお母さんたちと約束しました。一緒に頂いたかき氷ご馳走様でした!
星に願いを。_b0157157_15313126.jpg
(訪問した幼稚園のすぐ近くに咲く、蓮の群生。どうして泥の中からこんなにも白くきれいな花が咲くのだろう?)
by mutsumi_teranishi | 2009-07-07 21:09
話せばわかる、筈。
おととい日曜日の午後、応援に駆け付けてくれた高校時代の同級生たちと選挙区内を歩いてまわっていると、おばあちゃん(Tさん)と出合った。

もっていた広報紙を渡してご挨拶すると「わし、自民党は応援せんよ。頭にきとるでねえ、自民党には。」と捲くし立てられた。

「おばあちゃん、僕も今の自民党はダメだと思っているんです。もちろん民主党もダメ。新しい力で国政を変えようと立ち上がった新人‘寺西むつみ’を応援してほしいんです。‘どこ’に託すかではなく‘寺西むつみ’に託してください。」と握手を求めた。

すると「あんた変なひとだねぇ~。でもその気構えが気に入ったで応援したげる、投票したるで心配しやあすな。そのかわりしっかりやってえよ、若いんだでね、期待しとるよ。」とバリバリの名古屋弁で握手してくれた。

ひとは誰でも、きっと、あきらめずに、話せばわかる。
“どこ”ではなく“誰”を選ぶか、ニッポンは今そういう時代なのだ。

(炎天下、何時間も一緒に歩いてくれた同級生たちに、感謝を込めて。)
by mutsumi_teranishi | 2009-07-07 07:04
川勝平太 VS ロジャー・フェデラー
「富国有徳論」の著者でもある川勝平太氏が僅差で静岡知事選に勝利した。ちょうど同じ頃、ウィンブルドンテニス男子決勝戦では、ロジャー・フェデラーがこれまた僅差で歴史的勝利をおさめた。実は川勝先生とは4年半ほど前、サラリーマン時代にNPO活動でご一緒させていただいたことがある、まさに‘スマート&シャープ’な方という印象が強い。

さてこの2つの戦いの共通点は何か?それは選挙もテニスも“運動”だということ。つまり“運(うん)”を“動かす”ものが戦いを制するということ。そしてまた、選挙もテニスも“風”に影響されるという事。

ちなみにテニスの場合、風の強い日は、自らの技術でサーブのトスを調整し、ボールにスピンをかけ、球筋を安定させ風上と風下でのプレーを構築する。ところが選挙の場合は、とにかくただただ“風上に立つ”ことだけをひたすら考えるようだ。残念ながら、いつまでも地方首長選挙と国政選挙がひとくくりで語られている限り、この国の『地方主権・地方分権』は程遠いと言わざるを得ない。

静岡県知事選は“風”が吹き、大接戦となった。
ウィンブルドン男子決勝は天候に恵まれ“風”が吹かず、大接戦となった。

どちらの戦いも歴史的僅差の勝負。
それでも勝ちは勝ち、負けは負け。
by mutsumi_teranishi | 2009-07-06 10:20
打たせるぞぉーっ!
昨日5日は、朝から3つの「ソフトボール大会」開会式を掛け持ちで走り回り、その後はインディアカ大会でご挨拶。午後は、応援に駆けつけてくれた高校時代からの仲間たちと選挙区内を歩いて回りました。中村区のこどもソフトボール大会では始球式の機会を頂きました。
“打たせるぞぉーっ!”とバックの子供たちに声をかけて投げた一球は、見事にセンターへ打ち返されました。
少子化で、年々地域の子供たちの人数が少なくなり、かつて1学年5クラスあったのが、いまや1学年1クラス。日々の学校運営でさえも心配が絶えない環境下で、区政の方々やお母さん方が一生懸命に支えているこの大会も、いつまでも続けられるのだろうか、少子化による‘地域の絆’への影響は深刻です。
by mutsumi_teranishi | 2009-07-06 08:43
あこがれの場所
テニスプレーヤーなら誰もが一度は夢見る、あこがれの場所“聖地、ウインブルドン”。今年もウインブルドンの季節がやってきた。そういえば、テニス部で毎日一生懸命ボールだけを追いかけていた中学生や高校生の頃は、ちょうど期末テストの時期でもあり、ウインブルドン観戦をとるかテスト勉強をとるか、毎晩のように葛藤していた。残念ながら今年は、新聞で前日の結果を見るだけ。夜更かしよりも睡眠時間を選ぶスタイルになった。

テニスは比較的、番狂わせの少ないスポーツ(だいたい順当にシード選手が勝ち上がる)と言われているが、僕は今、間もなくはじまる『試合』での“大番狂わせ”に挑戦している。

さてこの大試合、開催地はニッポン、日時未定(たぶん8月下旬)、観戦無料(どなたでも観れます)、応援乞う(判官びいき歓迎)!!
by mutsumi_teranishi | 2009-07-04 23:34
8、2、9、30、9、6
ロト6の当選番号、ではない。8月2日、9日、30日、9月6日。
今のところこのうちのいずれかが‘総選挙の投票日’だと言われている。

この1年間散々振り回されてきた感がある。今更、選挙はいつだと騒ぐ気もない。しかし解散・総選挙が延び延びになったことは“宝くじで一等が当たる確率よりも低い”と言われた僕の戦いを“興味深い戦い”へと進化させてくれていることは事実だ。
挨拶回りをしていても、街頭演説をしていても、1年前とは反応がまったく違ってきた。今朝も選挙区内の駅前で‘寺西むつみ広報紙’を受取ってくれた女性から『がんばって!』と声をかけられた。
8、2、9、30、9、6_b0157157_1091085.jpg
   あとすこし、もうすこし、今日もベストを尽くしてがんばろう。
by mutsumi_teranishi | 2009-07-03 09:48
自治三決。
一年もの間、先の見えない政治活動をしていると嬉しいこともあるが、めげることだって当然ある。‘世のため人の為’こそ本当に忍耐と努力と、強い意志とさらにもっと‘何か’が必要なのだと思い知る。

「人の世話にならぬよう、人の世話をするよう、そして報いを求めぬよう」。この言葉はかつて東京市長であり、日本ボーイスカウトの初代総長でもあった後藤新平氏が提唱した自治三決である。この言葉を僕に教えて下さったのは後藤新平氏の学校の後輩にあたる伊神孝雄氏(元セントラルパーク社長)。知る人ぞ知る、伊神さんは愛知県への2005年万博誘致の大仕掛けをしたキーパーソンのひとり。サラリーマン時代、僕はその稀代のプロデューサー伊神孝雄氏の薫陶を得た最後の20代(当時29歳)だった。

ところで後藤新平氏は「金を残して死ぬのは下、仕事を残して死ぬのは中、人を残して死ぬのは上」と、人づくりの大切さについても語っている。

今でこそ“ボランティア精神”などと言われているが、先人達の行動に基づいた言葉には、桁外れの説得力がある。何でもまずは行動あるのみ。
by mutsumi_teranishi | 2009-07-02 11:00
寺西むつみ 公式ブログ
カテゴリ
全体
以前の記事
2019年 10月
2019年 01月
2017年 06月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 04月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧