<   2009年 05月 ( 25 )   > この月の画像一覧
これってどうなの?
テレビを見ていると、頻繁にニュース速報が流れる。
またしても、新型インフルエンザ国内感染のニュース。

米国やEU諸国では、なんとなく終わった話のようなトーンになりつつある。
いったい、新型インフルエンザって、本当はどこまで深刻なのか?実はそう深刻ではないのか?
他の先進諸国の反応との温度差はどうしてなんだろうか?
最近の日本のマスコミにみられる“特有の過剰反応”とも言える報道にものすごい違和感を持つのは僕だけだろうか? 
うがった見方かもしれないが、日本が新型インフルエンザでパニック状態になって一番得するのは誰だろう?
タミフルの原材料は中国で採取される植物、まさか新手のテロリストの仕業か??? な~んて、ゴルゴ13じゃあるまいし・・・。 いずれにしても、日本のマスコミの“異様な反応”が気になって仕方がないんですけど。
by mutsumi_teranishi | 2009-05-20 22:47
北京の蝶々
“北京で蝶々が羽ばたくと、ニューヨークでハリケーンになる。”

これは「複雑系」と言われ、小さな“ゆらぎ”がマクロを制するという、バタフライ・エフェクト(蝶の効果)とも言われる科学の世界の例え話。

要は、一羽の蝶のはばたきはごくわずかなエネルギーしかないのだが、それが寄り集まってハリケーンが起こると言う話。一匹の蝶々が羽ばたくとそれに釣られて、一匹、また一匹と羽ばたき始めて、やがては大きな風を巻き起こすほどになるという話である。

北川正恭早稲田大院教授は、近代日本史でいえば「黒船来航(1853年)」が“北京の蝶々”だったとしている。

ニューヨークでハリケーンを起こすつもりはないが、
名古屋で起こす僕の小さな羽ばたきが、古い政界を吹き抜ける一陣の風になると信じて、明日もまたベストを尽くす。
by mutsumi_teranishi | 2009-05-19 21:49
期待感。
民主党の新代表が決まった。
鳩山代表、岡田幹事長、小沢代表代行・・・。

あれ、この人たちって全員、その昔、田中角栄氏(故人)の“秘蔵っ子”と呼ばれた旧田中派の面々じゃないか?結局民主党も、古い政治家たちの集合体であることに変わりはないってことなのか。数ヶ月前までチェンジだと大騒ぎしていたのは民主党自身だったはずだが・・・実は、自分たち自身がチェンジしきれなかったのだろうか?

いずれにしても、現職の古い国会議員たちがいくら集まったところで、結局、自民党も民主党も同じ顔ぶれにしかならないのだろう。

今この国の政治に求められているものは、
党派を超えた突破力期待感

やはりこの国の政治は、このままでは変わらない、変われない。

今こそ、新しい風がこの国の政治に必要なんだと思う。

そして、その風を起こすのは、
わたしたち国民のそれぞれの小さな羽ばたきなんだと思う。
by mutsumi_teranishi | 2009-05-18 16:08
太閤祭り
豊臣秀吉生誕の地、豊国神社のある中村公園一帯で毎年開催される「太閤祭り」にお招きいただきました。数百件の屋台が軒を連ねる、中村区の子ども達が皆楽しみにしている伝統あるお祭りです。
残念ながら予定されていたパレードは雨で中止となってしまいましたが、臨時で設けられた昼食会場(なんと参道にある銭湯の中!!)は大賑わいでした。何十年ぶりかで銭湯の暖簾を“ランチのために?”くぐりました。
b0157157_1611295.jpg
    銭湯でランチ!
b0157157_1611444.jpg
銭湯の入浴料とかけうどん一杯の値段は概ね同じと言われています。つまり、物価が不安定になり、経済が正常に機能していない時、双方の価格に大きな差が生じるということです。
今は、大人一回400円の入浴料。で、うどんは一杯いくらだっけ?
by mutsumi_teranishi | 2009-05-17 17:05
選挙の鉄則。
洋の東西を問わず選挙では、“とにかく新人は、選挙区を歩いて回れ!”が鉄則と言われている。で、ここ数日は選挙区内各所を歩いての街頭活動。
b0157157_1635283.jpg
一面に広がる紫蘇畑。ここも僕が戦う選挙区(愛知5区)。
b0157157_16354833.jpg
畑仕事中のおばあちゃんと、転勤のため富山県で暮らすお孫さんの話で盛り上がりました。
b0157157_16362639.jpg
今も用水路が残る町並み。“風情がある”と見えるかそれとも“災害時の氾濫は大丈夫か?”と見るか、どちらも政治が司る。
名古屋市と西春日井郡(2市2町)、まさに“都市と農村”のふたつの文化圏が一つの選挙区の中に混在しているのです。
b0157157_16363789.jpg
昔、学校の先生に『お百姓さんは“百種類の食べ物をつくる”から百姓と言う。お百姓は偉いんだぞ。』と教わったことを思い出しました。
ここにもまた‘ものづくりニッポン’を支える情熱と気風がありました。
by mutsumi_teranishi | 2009-05-16 22:29
おぎゃあ。
凡そ14兆円の大型補正予算が衆院で可決された。100年に1度の大不況を乗り切る為の苦肉の策とは言え、そのほとんどが“未来からの借金”であることに変わりはない。

我が国の借金の総額(普通国債)はおよそ590兆円。
この国におぎゃあと生まれた時点で約460万円の借金を背負う計算になる。ちなみに我が家は3人家族、と言うことは既に約1380万円の借金を背負っている? これ、笑い事ではない。

国家の財政は、家計の財布の延長線上にある。

“Save money(無駄使いをしない)”。
森の国、福祉の国、そして我が国がお手本にするべき国と言われるノルウェー(オスロ)に暮らす友人の口癖だ。

無駄を削り、支出を抑え、そして効果的な投資をする。
家庭でも、会社でも、国家財政でもあたり前の事、のはずだ。
ニッポンに出来ない筈がない。

by mutsumi_teranishi | 2009-05-16 19:54
政治も、経済も。
日経平均株価が5日連続で伸びている。
アメリカ経済が復調傾向にあることがその要因とも言われている。

野党の党首(小沢一郎氏)が身勝手な辞任をしようがしまいが、
解散・総選挙になろうがなるまいが、
100年に一度の経済危機の大勢に影響がないかのようだ。

相も変わらず国会議員たちが“権力闘争”に明け暮れている間にも、
ニッポン経済は、未曾有の困難に立ち向かい、100年に一度の知恵と粘りと強い心で、踏ん張り続けている。

だとすると、政治(家)の役割って何なんだ?
耐久年数の切れたような、ただ当選回数が多く古いだけの国会議員たちにとっては“次の選挙に勝つことだけ?”が、その役割のように思えてしまうのは、僕だけだろうか?

この危機に、いったい何をやってるんだ現職の国会議員たちは、自分の選挙運動ばかりやってる場合なんだろうか!? 
(と言っても、みんなやるんだろうなあ、やっぱり・・・)

今こそ、政治(家)も経済(人)も、
歯を食いしばって、頑張れニッポン!!
by mutsumi_teranishi | 2009-05-11 23:34
ありがとうの一日。
今日は、日本国中全員が‘おかあさん’に感謝する一日、『母の日』。
日中の気温30度を越えた今日は、早朝グランドゴルフ大会での開会式ご挨拶にはじまり、選挙区内各所でのバス旅行のお見送り数ヵ所、公職者の先生方の後援会や支援団体会合でのご挨拶が数ヵ所等々、気がつくと夕方過ぎまで名古屋市内と西春日井郡の間を走り回っていました。
b0157157_21344444.jpg
グランドゴルフ大会開会式でご挨拶。このあと始球式もやらせていただきましたが、ゴルフ(のパター)とは比べものにならない難しさです。
b0157157_2135767.jpg
150名の“マスターズ”のみなさん。皆さん本当にお上手です。
b0157157_21353241.jpg
b0157157_2136535.jpg
優勝スコアは脅威の17アンダー!耳を疑いました。
b0157157_21354922.jpg
表彰式には小出昭司市議、斉藤高央さん(斉藤実市議ご子息)も駆けつけてくださいました。
b0157157_21362553.jpg
b0157157_21364080.jpg

by mutsumi_teranishi | 2009-05-10 21:37
恋文(ラブレター)
いまや世界的大企業にまで急成長したユニクロ。そのユニクロを牽引するファーストリテイリング社の柳井正社長は、新聞に毎週折り込まれるチラシのことを“ユニクロからのラブレター”と言っている。確かに僕も家族も週末毎に折り込まれてくるユニクロのチラシをつい見てしまう。実は先週もチラシを見て近所のユニクロへチノパンを買いに行ったばかり。「何かお得な情報が載ってるかな?」と思わせるチラシの秘密はなんだろう。

その秘密はきっと“ラブレターは心を込めて書くもの”って事ではないだろうか? 自分の思いを相手に伝える為に、心を込めて書くこと。

政党もチラシ(広報紙)を発行している、それが『自由民主』。
正確な発行部数等を把握している訳ではないが、毎回“誰かにむけて書かれ”、“魅力的なラブレター”として受け取られていると信じたい。

近日、自由民主号外版『寺西むつみ特集号』が発行される予定。
何かお得な情報が載っているかな?とご興味がある方は、お手数ですが寺西むつみオフィスまでお問い合わせください。
by mutsumi_teranishi | 2009-05-08 12:06
初心。
今日も朝から雨。選挙区内の神社各所で執り行われる春季大祭に御招き頂き参拝しました。これまでの数ヶ月間、幾度となく神事にお招きを受ける度、この歳になって少しばかり“人間の特徴”がわかってきた気がします。

人間は“慣れてくると(感謝の気持ちを)すぐ忘れ、忘れるとすぐに驕る”生き物なのだと思います。低頭(神社で頭を垂れる)することは、実は「自らの驕りへの戒め」と同時に「初心を思い出させる」効果があるのだと改めて感じました。寺西むつみ、初心忘れるべからず。
b0157157_1541832.jpg
考えてみれば、サラリーマン時代にわざわざ雨の中、地元の神社へお参りに行くことなんてありませんでした。雨にけむる神社もまた、趣があり神神しく感じられました。
by mutsumi_teranishi | 2009-05-07 15:57
寺西むつみ 公式ブログ
カテゴリ
全体
以前の記事
2017年 06月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 04月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧