清須会議
先日、近所のゲオで借りてきた。
で夜中に、見たかった映画を“まとめ見”。

まずは、「ステキな金縛り」。
“巨匠・三谷幸喜”監督による落ち武者の幽霊×裁判もの。
深夜、ひとりで大爆笑だった。久々に腹の底から笑った感じ。
落ち武者・西田敏行の演技は素晴らしい!!

つぎに、「ALWAYS 三丁目の夕日'64」。
1964年、東京オリンピック開幕を控え、エネルギー漲るニッポンが舞台。
一作目、二作目に続いて、やっぱり泣けた。これを見ると、2020年の2度目の東京オリンピック開催が、ニッポンの復権・再興につながると思わせてくれる。ニッポンのやる気を呼び起こしてくれる映画。

最後は、「はやぶさ 遥かなる帰還」。あの小惑星探査機「はやぶさ」を題材にしたフィクション。主演は世界の渡辺 謙。 迫真の演技に、宇宙への夢がふくらむ。航空宇宙産業の新拠点を目指す愛知県、必見だ。

で、早くも次に見たい映画がある。
2013年秋に公開予定の「清須会議」だ。
舞台は、うちの祖母さんの生家があり、
谷垣禎一自民党総裁のルーツでもある、愛知県清須市。

生誕50周年記念「三谷幸喜大感謝祭」のラストを飾る、満を持しての書き下ろし小説、遂に今年6月27日に刊行! 信長亡きあとの日本の歴史を左右する五日間の攻防を「現代語訳」で綴る、笑いと驚きとドラマに満ちた、三谷印の傑作時代エンタテインメント!

日本史上初めての会議。
「情」をとるか「利」をとるか。本能寺の変、一代の英雄織田信長が死んだ。跡目に名乗りを上げたのは、柴田勝家と羽柴秀吉。その決着は、清須会議で着けられることになる。二人が想いを寄せるお市の方は、秀吉憎さで勝家につく。浮かれる勝家は、会議での勝利も疑わない。傷心のうえ、会議の前哨戦とも言えるイノシシ狩りでも破れた秀吉は、誰もが驚く奇策を持って会議に臨む。丹羽長秀、池田恒興はじめ、会議を取り巻く武将たちの逡巡、お市の方、寧、松姫たちの愛憎。歴史の裏の思惑が、今、明かされる。 (以上 Amazon内容紹介より引用)

どこかの国の政治家たちも、歴史に学んだ方が良いかも?
by mutsumi_teranishi | 2012-08-31 12:36
<< 備えよ常に ~中村区総合防災訓... 夏休みの宿題? >>
寺西むつみ 公式ブログ
カテゴリ
全体
以前の記事
2017年 06月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 04月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧