望年、2014年へ!
まもなく2013年が終わる。

一年なんて本当にあっと言う間だ。
でも、その“あっと言う間”には、言葉では語りつくせない様々な想いや出来事がいくつもいくつも積み重なっている。

それが一年。
振り返ってみれば一年。

来る年も、一日一日の積み重ね。
だから毎日、ベストを尽くそう。

来る年がひとりでも多くの市民、県民、国民にとって希望に満ちた一年でありますように。

『一人の100歩より、100人で踏みだす勇気の一歩が、
                これからの新しい社会をつくる。』  
寺西むつみ
# by mutsumi_teranishi | 2013-12-28 12:43
誇れる後輩は、“元日本代表”!
今年で3年目となる「秋田豊、東日本大震災チャリティーサッカー教室」が母校・名古屋市立豊正中学校で開催されました。
b0157157_12542379.jpg
豊正中PTAの皆さんが中心となり主催するこのチャリティーは、震災以降毎年、夏休みやクリスマスの時期に実施している。
b0157157_12544989.jpg
今年も“W杯・元日本代表”がひと足早いクリスマスプレゼント&お年玉、を地元中村区の子どもたちに運んできてくれました。
b0157157_12551452.jpg
ありがとう、後輩、サッカー界屈指のディフェンダー、元日本代表・秋田豊選手!!(いつもいつも、子どもたちのために、無理を聞いてくれて大感謝で~す!)
b0157157_12553012.jpg

# by mutsumi_teranishi | 2013-12-27 12:56
サンタクロースはいるのでしょうか?
毎年、決まってこの時期思い出すのが1897年9月21日、ニューヨークに住む8歳の女の子ヴァージニア・オハンロンちゃんが「ニューヨーク・サン」という新聞社に宛てて書いた“Is there a Santa Claus? ”(サンタクロースはいるの?)という手紙のこと。

新聞は当然『真実』を伝えなくてはなりません。その手紙を受け取ったサン紙のフランシス・チャーチ副編集委員は、社説で答えました。

Yes, Virginia, there is a Santa Claus. ”(そうだよ、ヴァージニア。サンタはいるんだよ。)というくだりで始まるその社説は、大きな話題となり、それ以来サン紙は会社を閉じるまでの50年近くにわたって毎年クリスマスの日には必ずその同じ社説を掲載したそうです。

この世で一番本当に大切なものは、子どもにも大人にも目には見えないものなんだよ。』とサン紙は教えてくれています。

きょうは、クリスマス。
心の中に、まだサンタクロースはいますか?
# by mutsumi_teranishi | 2013-12-25 10:26
“あなたの来年の漢字一文字”は?
昨12月17日(火)、MID-FM76.1「むつみのSuper Tuesday!」、2013年最終オンエア「年末2時間拡大スペシャル」が無事終了致しました。一年間本当にありがとうございました!
b0157157_17355388.jpg
特に今年の年末SPは、昨年SPで約70名の方々にお出掛け頂いた時よりも更に大盛況、結局、総勢90名の皆様にお運び頂きました。番組途中で会場に入りきれず断念され止む無くお帰りになられたNAGOYAエンジンの皆様には心よりお詫び申し上げます。本当にありがとうございました!これに懲りずに来年も引き続き宜しくお願い申し上げます!
b0157157_17363767.jpg
(写真は昨晩のスタジオ風景、NAGOYAエンジンの皆さんには、それぞれ色紙に“自身の来年の漢字一文字”を書いていただき番組出演。スタジオの外の打合せスペースは“大・望年会”状態で大賑わいでした。
b0157157_17372096.jpg
ちなみに先程、社長並びにラジオ局長から直々に、来年は“年末拡大3時間スペシャル”で午後7時から午後10時までの3部制で開催をとの“番組続行”のお言葉?を頂戴致しました。
b0157157_1738080.jpg
来年2月にはいよいよ番組開始200回記念。
b0157157_1740141.jpg
まずは、今年一年、本当にお世話になりました。ありがとうございました♪
b0157157_17352011.jpg

# by mutsumi_teranishi | 2013-12-18 17:41
リニアの時代、キーワードは“Meieki(名駅)インパクト”。
12月定例愛知県議会が19日(木)の閉会まで続いている。
初当選以来、通算5回目となる本会議場での一般質問の機会を頂いた。愛知県議会議員は現在96名、本会議は一年間に4回、質問できる機会は限られている。今回の質問は「児童自立支援施設・愛知学園に関する就業義務について」及び「リニア時代における地方公共交通網の再編について」の2問。
b0157157_15221490.jpg
発言は、挙手、席次番号と名前を名乗りスタート、「議長!21番!寺西むつみ」。
b0157157_1521490.jpg
 ここが“県政の檀上”。742万人愛知県民を代表しての発言は、重い。5度目の登壇でもやはり緊張する。
b0157157_15213353.jpg
質問後は、持ち時間(一人30分)に余裕があれば自席でも再質問、要望などの機会が与えられる。今回は、当局へ要望致しました。
# by mutsumi_teranishi | 2013-12-06 15:29
師走の候。
いよいよ、本日より12月定例愛知県議会が開会しました。

寺西むつみの一般質問は、12月6日(金)午前11時過ぎに登壇予定です。本日午前、愛知県議会議長あてに「発言通告書」を提出。

通告書には、発言の要旨を記入します。この書類を提出しないと本会議場での発言は原則許可されません。
今議会においては、以下の2問について一般質問致します。

1.「児童自立支援施設」の就学義務の現状について
2.リニア時代における地方公共交通網の再編について
b0157157_13272165.jpg
当日受付、かんたん簡単、傍聴無料、私語は厳禁、 今年最後の愛知県議会、おとなの社会見学 ”に皆さんも愛知県議会の議事堂へ、ぜひ!
# by mutsumi_teranishi | 2013-12-02 17:03
将棋と囲碁のエトセトラ
子どもの頃、小学校で将棋が流行った。一生懸命“駒”の動きを覚えた。
昨夕は「将棋日本シリーズJTプロ公式戦東海大会」のレセプションに、古くからのご縁でお招きをいただきました。(写真下は、渡辺明竜王)
b0157157_8574015.jpg
レセプションの席上、大会を代表してご挨拶された小出宣昭中日新聞社代表取締役社長のスピーチが実に興味深かった。「囲碁」は“アルファベットの文化 ”、「将棋」は“漢字の文化 ”なのだと言われる。

“碁石”ひとつひとつは意味を持たない、それはアルファベットのようだ。例えば「C」と「A」と「T」が揃うと“CAT(猫)”になったり“ACT(動く)”になったりするように。しかし「将棋」は“駒”ひとつひとつが意味を持つ、“飛車”であったり“角”であったり。囲碁と将棋は似ているといわれるが全く違う文化なのだそうだ。ただひとつ、『大局観』以外は・・・。(写真下は、羽生善治三冠)
b0157157_8575547.jpg
政治家に限らず、人生において、もっとも必要なことは、“目先の一手”に囚われることではなく“盤面全体を眺める”、“大局を観る”ことなのかも知れない。これこそが実に、難し~い。

そう言えば、うちの親父は昔から「囲碁」が好きだったなぁ。
b0157157_20381682.jpg
寺西むつみ
目先の一手をおろそかにせず、大局観を持って、ひたすら前進あるのみ。
# by mutsumi_teranishi | 2013-10-05 21:00
都市の“余白”。
b0157157_13352244.jpg
昨日23日の名古屋は、夏に逆戻りの暑さ。「名古屋けいば」で開催された“Thanks Horse Days”に来賓として御招き頂き出席致しました。存続か廃止かで揺れる「名古屋競馬場」(名古屋市港区)。昨日は家族連れなどで朝早くから想像以上の賑わい。子どもたちの笑顔を見ていると、大都市に残された空間の稀少さが見えてくる。存続か廃止かだけの机上のソロバンだけではなく、大都市の機能としての位置づけと役割をもっと議論するべきと思えてならない。より一層の“創意と工夫”が我々議員にも必要とされる。
b0157157_13355447.jpg
昨今、なんでもかんでも大型商業施設や大型集合住宅にしてしまう傾向が顕著だが、「名古屋けいば」で見たアニマルセラピーの可能性や家族連れや子どもたちが集う光景等から、まだまだ“改善の余地”とそれに向けての“創意工夫の価値”があると直感しました。今流行の“お・も・て・な・し”は英語で言えば“エンターテイン(メント)”。東海地区屈指の“エンターテインメントの場”を目指してほしいと思っています。
b0157157_13363036.jpg
競馬場や公園や広い歩道等、豊かな都市(街並み)には、ビルやマンションでない「余白」が必要なんだと言われる。あれやこれや、なんでも詰め込みすぎて伝わらなくなる広告表現に余白が必要なように。余白を上手く使うことが、都市の豊かさのバロメーターであると思うのです。
# by mutsumi_teranishi | 2013-09-24 13:35
愛知を売り込め!!
b0157157_11501337.jpg
先日、地元中村区で開催され、㈱東宝さんから御招待頂いた今秋ロードショーの映画「清須会議」プレミアム試写会。劇場の控え室で同席させて頂いたのは、加藤しずはる清須市長、大村ひであき愛知県知事の御二人。ご招待されている方々は中部経済界の経営者の方々約250名。劇場内は満席!三谷映画新作への期待と関心の高さを感じました。こうした“エンターテイメント”の手法(プロダクトプレースメントフィルムコミッションetc)を通じて“愛知”を全国、世界へ売り込む視点、大いに取り組んでいきたいテーマのひとつである。
b0157157_11503442.jpg
(写真上:プレミアム試写会の司会は、テレビなどでも活躍中の映画ナビゲーター松岡ひとみさん。劇場控室には、映画出演者のサインが書かれた“お宝ポスター”がズラリ。めったにお目にかかれない福山雅治さんや、SMAPメンバーのサインも。)
# by mutsumi_teranishi | 2013-09-21 11:50
続投ーっ!
本日から愛知県議会9月定例議会が、開会。本会議終了後も午後3時過ぎまで議会関連日程が目白押し。更に夕刻からは、日越国交樹立40周年記念行事を皮切りに、市内5ヶ所を東奔西走。極めつけは中日VS巨人戦(最終戦)が行われたナゴヤドームでは、4年前の衆議院議員選挙以来の“戦友”の鈴木英敬三重県知事が“登板”した始球式、友だちとしてヤジ応援?に駆け付けました!(笑) で、始球式終了後には、試合観戦もそこそこに次の予定の為にドームを移動、更に移動、移動、と大忙しの議会開会日となりました。
b0157157_833285.jpg
観客席からは「一球(始球式)だけじゃなくて、もっと投げろ~!」、「ナイスボールっ!!」の声援。
b0157157_8331232.jpg
ご存知、全国最年少知事の“鈴木英敬投手 ”。三重県民、東海地域の元気・発展の為にも、先ずは任期4年間をきっちりと“完投 ”して、ぜひぜひ次も“続投 ”してほしいと思う。
b0157157_8341747.jpg
それにしても、肩の力が抜けた、いい感じのフォームで投げてたなぁ~、AK(英敬)知事がんばれ、AK39歳!
# by mutsumi_teranishi | 2013-09-19 23:55
ラジオの時間、2013夏。
MID-FM76.1「むつみSuper Tuesday!」(毎週火曜日午後8時から生放送)。今夏も「狂言師・十四世野村又三郎さん&まいまい狂言会の皆さん」、「愛知大学学園祭実行委員会執行部くん」、「愛知県議会議長さん」をはじめ、たくさんの“NAGOYAエンジン(縁人)”の皆さんがスタジオへ遊びに来て下さいました。
b0157157_12485484.jpg
b0157157_12395251.jpg
b0157157_129177.jpg
b0157157_12105167.jpg
b0157157_12154194.jpg
b0157157_12114677.jpg
b0157157_12401564.jpg
 “情報”は、発信してこそ活きるもの。皆さま、またのリベンジ出演!?を楽しみに致しておりま~す♪
# by mutsumi_teranishi | 2013-09-16 12:54
みんな“HUG”しようぜぃ!
9月になっても連日30度を超える異常気温、熱中症の危険性や渇水が続いている愛知県。環境問題だ、と大騒ぎにならないのが不思議で仕方がない。環境対策と災害対策は共通点が多い。“喉もと過ぎれば熱さ忘れる”では何の進歩もない。さて、9月の三連休も地元行事が目白押し。連休初日のきょうは、災害被災時における避難場所シミュレーション(HUG)に参加。小学校の体育館に集まり、およそ2時間半、100名を超える地元町内会役員の皆さんと“侃々諤々”。
b0157157_1151745.jpg
 “HUG ”とは、「Hinanjyo:避難所」、「Unei:運営」、「Game:ゲーム」の頭文字をとったもので、静岡県庁が平成19年に開発した秀逸なシミュレーション・ゲーム。もちろん英語の「HUG」(抱きしめる)ではない。ちなみに名古屋駅周辺(中村区:16学区)では、本邦初公開。
b0157157_1171367.jpg
実に価値ある良いコミュニケーション機会の創出になりました。今後の課題は、より多くの人々にこのシミュレーションを体験してもらうことだろう。とくに若者に呼びかけるには、「みんな“ハグ”しようぜ~ぃ!」なんて呼びかけるといいのかも?
# by mutsumi_teranishi | 2013-09-15 10:56
清須会議
愛知県(名古屋市)は“PR下手”としばしば言われる。
その一方で、昨今、宮崎駿監督による長編アニメ映画「風立ちぬ」、作家村上春樹氏による新作「色彩をもたない多崎つくると彼の巡礼の年」では名古屋の街や風土が描かれ、プロダクトプレースメントフィルムコミッションと言ったPR手法を活用する格好の機会が、ゴロゴロと転がっているように思えてならない。
b0157157_8351115.jpg
きょう9月13日(金)、名古屋市内のシアターで開催される今秋公開の映画「清須会議」のプレミアム試写会にお招き頂きいただいた。映画「清須会議」は、ご存知日本映画界が誇る三谷幸喜監督がてがける自身初の“時代劇”。「清須会議」とは、織田信長が本能寺で明智光秀に討たれ、その後光秀が豊臣秀吉に天王山で敗れた後、柴田勝家ら織田家臣らによって清洲城(愛知県)で開かれた、戦国史上初めての“話し合いによる、リーダー選び”と言われている。すでに三谷幸喜監督の原作描き下ろしが出版されており、読んでみた。かなり“笑える”内容だと思う。さて、映画はどうだろう・・・それは観てのお楽しみ~♪
いよいよ119日、Roadshow!
# by mutsumi_teranishi | 2013-09-13 23:07
残心。
武道の言葉に「残心」がある。
技が決まっても「残心」が無ければ“一本”にはならない。
剣道では「対手をば、打ちたる時も心して、構へ崩さず、後を構へよ。」というのだそうだ。

「打って反省、打たれて感謝。」まさに“武道のパラドックス”である。
# by mutsumi_teranishi | 2013-09-13 10:38
昇龍道プロジェクト ~台湾の巻~
今日は、名古屋市内のホテルで開催されている台湾政府観光局主催の懇談会にお招き頂き出席致しました。日本と台湾との観光振興を目的とした文化交流は、国交省中部運輸局が推進している「昇龍道プロジェクト」の一環でもある。中部圏を伊勢湾と日本海を結ぶその観光ルートが“昇龍”のように見えることから名付けられたと言われている。
b0157157_9332649.jpg
さて台湾政府観光局とは、今夏も150万人以上の動員者数を記録した「にっぽんど真ん中祭り」に台湾観光協会などが初参加したことがご縁。長年、ど祭り審査員を務めている寺西むつみは、特別に?お声掛け頂きました。写真上・右側は、謝台湾政府観光局長、江台湾観光協会東京事務所長、左側は、野俣国交省中部運輸局長、八木中部広域観光推進協議会本部長、岡田元名古屋商工会議所会頭ら。観光振興による地域経済インパクトについて情報交換。特に今年は台湾から日本への観光者が急増中(年間300万人に迫る見込み)とのこと。
b0157157_9341397.jpg
夕刻には約300人の観光振興に係る両国関係者による懇親会も開催され、ご挨拶の機会を頂戴いたしました。文化芸術、スポーツ、観光振興、多様な視点での交流により、ひとつひとつ“橋を架ける”ことが相互の未来を切り拓いていくと実感した。謝謝、多謝!
# by mutsumi_teranishi | 2013-09-11 23:04
TED×Meieki
7日(土)、名古屋初開催として話題を呼んだ「TED×Meieki」、入場申し込みは、予想どおり、即完。前職時代からのご縁があって、会場にお邪魔させて頂いた。
b0157157_15562990.jpg
そもそもTED(テド、英: Technology Entertainment Design)とは、アメリカのカリフォルニア州ロングビーチで年一回、大規模な世界的講演会を主催しているグループのこと。TEDが主催している講演会では、学術・エンターテイメント・デザインなど様々な分野の人物がプレゼンテーションを行なう。講演会は1984年に身内のサロン的集まりとして始まったが、2006年から講演会の内容をインターネット上で無料で動画配信するようになり、それを契機に広く知られるようになったと言われている。
b0157157_15571293.jpg
講演者には非常に著名な人物も多く、例えばノーベル賞受賞者や、元アメリカ合衆国大統領、などなどといった人物がプレゼンテーションを行なっているが、最も重要なのはアイディアの提供であり、一般的には無名な人物も数多く選ばれプレゼンテーションしている。ちなみにMeiekiでは、ホリエモンやLINEの社長、「奇跡のリンゴ」の農家経営者らが、持ち時間18分でそれぞれの思いをプレゼンテーション。TEDの精神である「ideas worth spreading」 をそれぞれの体験から語った。
b0157157_15585630.jpg
IOC総会での東京2020招致のプレゼンテーションに歓喜に沸いた日本。“プレゼン ”ブームがやって来るかも?
# by mutsumi_teranishi | 2013-09-09 11:40
世界最高峰のこころ。
気象が、異常だ。
今夏の日本では、40度を越える異常な暑さが続き、一時間で100mmを越す豪雨が襲い、各地に竜巻が出現している。かつて地球環境問題を題材にしたハリウッド映画「The Day After Tomorrow」や「不都合な真実」を思い出さずにはいられない。
昨4日夜、名古屋駅周辺を一時間に109mmという記録的な豪雨が襲った。中村区の我が道下事務所もあと数センチで床下浸水だった。被害を受けられたすべての皆様に心から御見舞いを申し上げます。
b0157157_9321650.jpg
一夜明けた今日、夕方、寺西むつみ事務所に名古屋市立豊正中学校の堀江校長先生、名古屋市立中村小学校の桜井聖子校長先生、そして中村区区政協力委員長の長崎さんが集まり、近隣の被害等状況(中村学区は約200軒が浸水被害)について情報交換会。(写真上)そこへ、なななんとー!!御歳80歳でエベレスト登頂に成功された三浦雄一郎さんが登場!、豊田市での講演を終え名古屋駅へ向かう途中「昨日の豪雨が心配だったから来たよ...」って、わざわざ寺西むつみ事務所へお立ち寄り下さいました~!!!!
b0157157_9323331.jpg
三浦雄一郎さん(クラーク記念国際高等学校校長)とは、今は亡き盛田昭夫ソニーファウンダーの遺志を紡いで15年前に設立されたNPO法人グローバルスポーツアライアンス(GSA:東京)が御縁。それにしても、超ご多忙の中を「豪雨お見舞いだよ。」とさらりと言ってお立ち寄り下さったそのお心に、事務所に居合わせた全員が、茫然、唖然、昨夜徹夜で頑張っておられた両校長、御自宅が床下浸水に遭われた長崎委員長、大感激。
b0157157_1084275.jpg
三浦理事長、お見舞いくださり、本当にありがとうございます!!
# by mutsumi_teranishi | 2013-09-05 23:13
あとのまつり?祭りのあと?
毎年夏の締めくくり、恒例「にっぽんど真ん中祭り」が、今年も盛大に開催され幕を閉じてはや1週間。祭りのインパクトが大きければ大きいほど、“祭りのあと”は何となく寂しく感じる。ど真ん中祭りは今年で15周年、その歴史は当時ひとりの大学生だった水野孝一氏(現在、財団専務理事)が立ち上げた“都市の祝祭”。
b0157157_9382470.jpg
15年前始まった当時の参加者は、約1500人。それが今や200万人を超える“大祭”に成長した。祭りの見どころは、参加者のパッションであることは言うまでもないが、常々、感嘆しているのは“祭りが終わった後”。水野専務理事を筆頭に、ボランティアの大学生たちの『おもてなしの心』に感心する。ど祭りが終了した翌日から、次のど祭りに向けての準備(ファンつくり)が始まっている。
b0157157_1316435.jpg
光陰矢のごとし、一年なんてあっという間だ。“次の15年”にむけてスタートした来夏のど祭りが早くも楽しみだ。
# by mutsumi_teranishi | 2013-09-01 07:37
“アベノミクス”は成功しますか?
きょうは、静岡県静岡市にある静岡聖光学院高等学校・星野明宏教頭先生(写真左)と3名の高校生くんが道下事務所へ来所、「リニア中央新幹線」や「アベノミクス」について約1時間ほど厳しい取材?を受けました。彼らは1年間かけて自分たちでテーマを設定し調査を重ねて論文を書いている。質問内容も「アベノミクスは成功しますか?」、「リニア中央新幹線は本当に必要だと思いますか?」などドキッ!とするような、まさに大学生並みである。ちなみに星野教頭は日本ラグビー協会の強化コーチを務める超・体育会系、電通勤務時代の後輩でもある。論文の完成が待ち遠しい!
b0157157_1381083.jpg

# by mutsumi_teranishi | 2013-08-29 22:14
広告(アイデア)は限り無く。
猛暑お見舞い申し上げます。

世界中温暖化が進む中、モスクワでは「世界陸上」が開催され、間もなくニューヨークでは、テニスの祭典「全米オープン」が始まる。それにしても、アスリートには美男美女が多い。母国ロシアでドラマチックな復活の金メダルを飾った女子棒高跳びの女王イシンバエワ選手は今大会のロゴマークにまで彼女が描かれている程のヒロインぶり。テニス界きっての美女アスリートと言えば、これまたロシアのマリア・シャラポア選手、モデル業もこなす彼女。最近では、キャンディーなどのスイーツ会社までも経営している。その社名は“シュガーポア”。

おやじのダジャレのような名前だが、
恐るべきは、間もなく始まる全米オープンでは、“マリア・シュガーポア”と名字を変える申請を裁判所に申し出て、大会期間中だけ名字を変えて出場する申請をしているというからスゴイ!万が一、申請が通れば、テレビ放映などを通じて世界中が“マリア・シュガーポア”を知ることになる。しかもたった2週間の大会期間で。自分の商品価値を熟知した且つ超シンプルな発想。もうすでに、じゅうぶんな広告効果がある。

“広く告げる”と書いて、広告。
“マリア・シュガーポア”、じつに理に適っている。
# by mutsumi_teranishi | 2013-08-21 19:49
きょう、68回目の終戦の日。
本日、愛知県戦没者追悼式に愛知県議会議員として参列し献花を致しました。愛知県は大東亜戦争により十二万六千余名のかけがえのない命を失いました。“68回目の今日”を迎えられたご遺族代表の女性による追悼の言葉に、あらためて政治家としての責任と役割を心に刻みました。

国会議員であろうが、首長であろうが、都道府県議会議員であろうが、市町村会議員であろうが、我われ日本の政治家は、もっと、もっと歴史から学び、平和の意味を噛み締め、しっかりしなきゃいかんのです。

今日8月15日、未だ終わらぬ過去がある。
一日の終わりに、桑田佳祐氏、作詞作曲の「平和の琉歌」を聞く。
⇒ 「平和の琉歌」 http://www.youtube.com/watch?v=TAM-uUux8BA
# by mutsumi_teranishi | 2013-08-15 23:01
おやじの会、始動!!
母校名古屋市立中村小学校で、今夏いよいよ“おやじの会”の活動がスタートした。いまや“域活”(地域活動)を通じて、我々と同世代のパパやママが地域を変える時代なのである。
b0157157_12123156.jpg
超・炎天下の中、流しそうめんやかき氷、フランクフルトにすいか割り。子ども達はもちろん企画運営した大人にとっても、こころに残る夏の日になったに違いない。
b0157157_1214923.jpg
写真左から桜井聖子校長、寺西むつみ、長谷川大PTA会長&おやじの会代表。
b0157157_12133057.jpg
今年設立140周年を迎える名古屋屈指の伝統校、中村小学校。秋の140周年記念行事での“おやじたち”の活躍が楽しみ。
b0157157_12135042.jpg
校長先生も教頭先生も、お揃いのユニフォームでお手伝い。本当にお疲れ様でした~♪
# by mutsumi_teranishi | 2013-08-10 15:26
3年に一度、チャンスはやって来る。
2010年以来2度目の開催となる現代美術の祭典「あいちトリエンナーレ」がいよいよ始まった。主会場となる愛知芸術文化センターで開催されたオープニングレセプションにお招き頂き出席しました。ご存じのとおり“ビエンナーレ”は2年に一度、“トリエンナーレ”は3年に一度の意味。(イタリアの「ベネチアビエンナーレ」は2年毎の開催である。)
b0157157_1222576.jpg
今回の「あいちトリエンナーレ」は10月下旬までの79日間の開催。テーマは「揺れる大地」。期間中の来場目標者数は50万人。
b0157157_1225275.jpg
6メートルを越えるヤノべケンジ氏の作品サンチャイルドは、今回のイベントのシンボル的な存在感がみなぎっている。(芸文センター地下階にて)
b0157157_1232165.jpg
芸文センターのロビーフロアをレセプションスペースに活用するとは画期的。こうした創意と工夫で、まだまだ都市は息を吹き返すと思う。いずれにしても、芸術文化は“考える ”よりも“感じる ”ものだと思う。老若男女が楽しめる空間と時間が繰り広げられることを期待したい。
# by mutsumi_teranishi | 2013-08-10 12:06
昭和39年生まれ、辰年。
昭和39年生まれである。辰年である。
西暦で言うと1964年。東京オリンピックが開催され、東海道新幹線が開通した年。先日、その年に名古屋で生まれ名古屋で育った“同級生”がMID-FM761「むつみのSuper Tuesday!」のNAGOYAエンジン(縁人)コーナーの特別ゲストとしてスタジオに集まった。
b0157157_22424687.jpg
写真は当日の番組に、カフェ・ママンさん(久屋大通添いの女子向きおしゃれカフェ)が差し入れてくださったフレッシュマンゴータルト。ごちそうさまでした!
b0157157_22433685.jpg
写真左から、寺西むつみ、熊田ひろみち衆議院議員、藤田和秀名古屋市議会議長。3人とも同級生。時代は“2020年東京オリンピック招致”、“リニア中央新幹線着工”と猛スピードで進化している。俺たちが時代をリードする、気概で行きたい。
# by mutsumi_teranishi | 2013-08-09 23:30
心、技、体。
大相撲の世界、横綱に成るための条件は“品格、力量ともに抜群であること”とある。そして、それを支えるのは「心、技、体」。
b0157157_17281463.jpg
先日、家族そろって事務所に遊びにきてくれたフットサル界の至宝、日本代表の森岡薫選手(名古屋オーシャンズ)とは、議員になる以前ビジネスマン時代からの御縁。リーグ得点王などなど森岡選手のFリーグでの活躍は枚挙にいとまがないが、さらに、かつて“不良時代”を経験した自身の生い立ちから、自身を救ってくれたスポーツ(フットサル)を通じ、再チャレンジの機会を通じた“人づくり”の活動にも精力的に時間を割いている。
b0157157_17283728.jpg
実は、森岡選手が、家族揃って事務所を訪ねてくれた本当の理由は、先日急逝した亡き父・寺西學の初盆を参るため、多忙なシーズンの合間を縫って態々、励ましに来てくれたのだ。本当に有難い。

「心、技、体」という言葉が、“心”という文字から始まっている意味がわかるような気がする。
# by mutsumi_teranishi | 2013-08-01 22:28
花は咲く 
先日、一時帰国中の恩人ご夫妻と数年振りに再会することが出来た。ビジネスマン時代からのまさに大恩人御夫婦。一時帰国の理由は、今年4度目の来日公演を迎える「Young People's Chorus of New York City」による東日本復興支援コンサートの統括総合プロデューサーとして日本国内各地を巡るためだ。
b0157157_1705318.jpg
YPCは今年結成25周年を迎える今やNYを代表するコーラスグループとして世界各地で活躍している。2009年の2度目の来日公演以来の御縁。写真下は開演前のバックステージでのリラックスした一枚。
b0157157_1715639.jpg
成長する子ども達と共に、彼らが演じ歌うコーラスも、凄いスピードで進化していることを感じるステージ。クオリティーの高さにただただ驚くばかり。
b0157157_172974.jpg
YPCの育ての親である小野山弘子統括プロデューサーの手腕は世界が驚愕する“超すご腕”!世界のビジネスシーンで輝かしいキャリアを築き大活躍された後は、そのスキルのすべてを子ども達のための慈善事業に傾注しておられる。まさにお手本のようなお人柄と生き方。
b0157157_17162274.jpg
今年は、東日本の震災復興を願って「花は咲く」を選曲。そのあまりにも美しく、こころの籠もったコーラスに、会場の至る所で涙をぬぐう観客の姿が見られた。ひとの“思い”とは言語や国境を超えるものだと改めて気付かされた。今回は名古屋公演が叶わなかったことが残念でならないが、次回必見!
# by mutsumi_teranishi | 2013-07-31 17:04
真夏の“佳日” 
猛暑が続く日本列島。ここ名古屋市中村区にある名古屋市立豊臣小学校では、“豊臣おやじの会”が中心となって「夏休み親子レク」が今年も開催された。今年のテーマは“水難事故からいのちを守る”。夏休み中に発生し易い水の事故からどうやって身を守るかをテーマに、学校や地域のみなさん、消防団が協力して開催されました。
b0157157_1719845.jpg
豊臣おやじの会の皆さんはMID-FM761「むつみのSuper Tuesday!」にもゲスト出演して活動を発信している“積極果敢なおやじたち”。実は、子どもたち以上にいつも楽しんでいるように見えるので、こっちまで楽しくなってついつい巻き込まれている。(笑)
b0157157_17201028.jpg
消防団の方々から、水の怖さと、いざという時の心がけを伝授!学んだあとは、おもいっきり楽しむ。捨てるはずのペットボトルを集めて、筏をつくって、学校のプールでまさかの入水式!? 学校の理解と協力の賜だ。
b0157157_17203842.jpg
大都市のど真ん中、名古屋駅にほど近い豊臣小学校もまた少子化問題を抱えている。しかしながら、おやじの会を中心とした“地域総がかりの活動”を見ていると、“少人数の利点”ばかりが見えてくるから不思議である。これからの地域づくり、人と人の係わりのヒントがここにあるように思う。
# by mutsumi_teranishi | 2013-07-30 23:20
my hometown (ひととき)
生まれ育った故郷は、一年一年、歳を重ねるにつれて良いもんだなぁ、と、じんわりと感じるようになる。
b0157157_7264228.jpg
上の写真は、中村公園内にある豊国神社。豊臣秀吉公生誕の地である。中村小学校時代の頃の遊び場だった。今、夏祭りシーズン真っただ中、下の写真は左から氏子総代・長崎さん、寺西むつみ、宮司の近藤さん、中村小学校PTA会長・長谷川大くん。長崎さんは、僕の実家の近所、子どもの頃から知っている長崎硝子の社長さん。近藤宮司は古い友人の同級生。長谷川大くんは、僕の妹の同級生、彼のお姉さんは僕の同級生。家族ぐるみで昔から知っている、正真正銘の幼馴染みだ。
b0157157_7271412.jpg
最近、よく“地域の絆”と言われるが、よくよく考えてみれば、それは意識的に“つくるもの”ではなく、時間をかけて“つむぐもの”なんだと思う時がある。

地域に生きた土に籠る先人の思い、いまを生きる私たちの思い、そして未来に生きる子ども達へ託す思い、そうした“思い”がつむがれて、知らず知らず“つくられていくもの”なんだと思う。

めぐり会える“人(ひと)”と“時間(とき)”、その“ひととき”を大切にできる地域にして行きたいと思う。なんだかJTのCMみたいだが。(苦笑)
# by mutsumi_teranishi | 2013-07-26 07:28
盆踊りシーズン、イン!
いよいよ今年も始まりました、ニッポンの!!盆踊りご挨拶回りのまず最初は、地元中村区、中村公園夏祭りでのステージ挨拶からスタート!!
b0157157_2002670.jpg
ちびっ子たちに声をかけられ記念撮影~。多少は、子どもたちにも顔を知ってもらえるようになったかな?
b0157157_201346.jpg
地元中村の皆さんによる名店“秀吉のシェフ”ブース。たこ焼きを1個サービスしてくれました~、旨し!!
b0157157_2014028.jpg
今夜から約1ヵ月間、8月の最終週末まで、毎週土・日は盆踊りご挨拶回りが続きます。今年は、一晩で最高ヶ所を回る予定。ニッポンの夏、体力勝負の夏。
# by mutsumi_teranishi | 2013-07-24 20:11
なごやの夏の“新・風物詩”
今夏、6回目を迎える「まいまい狂言会」にお招きをいただきお邪魔しました。「親子で本物の日本の伝統文化を楽しもう!」と和泉流狂言方 十四世・野村又三郎氏が企画して2008年から始まったユニークな狂言会だ。
b0157157_9492049.jpg
今回の演目は、野村親子が共演する「痺(しびり)」と「蝸牛(かぎゅう)」。
b0157157_9494280.jpg
ユネスコ「世界無形遺産」第一号として認定されているニッポンの伝統芸能文化「狂言」。親子で楽しむ参加型ワークショップも交えながら、心和むあっという間の90分。
b0157157_950580.jpg
最後は、恒例の“笑いどめ”で満席となった会場全員で「うぅ~わっはっはっはっはっはっはっはっはっ」と大笑い。「まいまい狂言会」は来夏も7月に、大相撲名古屋場所が開催される名古屋城の正門、名古屋能楽堂で開催される。名古屋の夏の“新・風物詩”として続いていくことを期待したい。
# by mutsumi_teranishi | 2013-07-23 09:44
寺西むつみ 公式ブログ
カテゴリ
全体
以前の記事
2017年 06月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 04月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧