<   2010年 07月 ( 25 )   > この月の画像一覧
早かったり、遅かったり。
久々にまとまった雨が降った。
灼熱の街も、多少は息を吹き返したような気がする。(たぶん気のせい)

永田町では、いよいよ新人参議院議員が登庁し“ねじれ国会”本番。
7月30日で、昨夏総選挙落選からちょうど11ヶ月が経った。

まだ一年も経っていない。
いや、もう一年近く経つのか。
時が経つのは、早かったり遅かったり。

気がつけば、また盆踊りのシーズン。中村区や中川区で今も応援してくださっている方々から、今夏もご招待をいただいています。週末は出来る限りすべての皆さんにお礼に伺います。きっとまた一晩中走り回る感じかな~。

「政治の世界は、選挙後に候補者の人柄がじわじわと時間をかけて浸透していく不思議な世界だ。」と言われた事があるが、それが本当だということを実感しているこの11ヶ月である。
by mutsumi_teranishi | 2010-07-31 11:34
陳情。
昨夜は、生まれ育った中村公園の盆踊り大会。
河村たかし市長をはじめ1000人を超える参加者で賑わいました。

お世話になっている近所の皆さんにご挨拶をしていると、
浴衣姿の小さな女の子とお母さんが「一緒に写真撮ってくださ~い。」

「お母さん、僕そんな有名人じゃないですから。」と言うと。

「いいえ、この子が、ポスターの人だって言うので、お願いします。」
(昨年9月以来ポスターは張っていないのに、覚えてくれているんだなぁ、子どもたちは・・・。)で、結局、ニッコリ笑ってパシャリ。

その女の子は稲葉地小学校2年生のすみれちゃん、赤とピンクの柄の浴衣がお似合いでした。さらに「小学校のおトイレをキレイにしてください。」と陳情まで受けてしまった。

近くにいらっしゃった中村区役所の区長さんに慌ててバトンタッチ!したものの区長さんも財政難で予算が厳しくなかなか皆さんの願いを叶えてあげられないと嘆いていた。

政争にばかり明け暮れて、政治家連中は一体何をやっているんだろうか?
すみれちゃん(未来のおとな達)からの“陳情”、何とかして叶えてあげたい。
by mutsumi_teranishi | 2010-07-29 08:01
“四丁目”の夕日。
井戸塀(いどへい)’。
政治家の家はしばしばそう揶揄される。「まじめに政治に務めると、最後は“井戸”と“塀”しか残らない」(つまり貧乏になる)という例え話である。

名古屋の下町、中村区で家族5人の借家暮らしだった。当時すでに築30年で、今にも壊れそうな木造家屋だった。事実、雨が降ると土間にあった台所は必ず雨漏りした。“お隣”の大家さんのお宅にしばしば醤油や塩を借りにいったことを思い出す。手洗いも風呂も屋外の離れた所にあったので、子どもの頃は夜トイレにいくのが怖くて仕方なかった。学校から帰ると“向かえ”の運送屋さんのお兄さんたちがキャッチボールをして遊んでくれた。自宅前の道路に‘チョーク’でウルトラマンや怪獣の落書きをしてはバケツの水で消して遊んでいた。その借家も何年か前に既に取り壊されてしまったが、高校二年の時に今の実家がある場所に引っ越すまでの20年近くに及ぶ家族の記憶は、そこ中村区名楽町四丁目にある。

確かに今ほど“モノ”に溢れてはいなかったが、隣近所、地域や社会全体が“思いやりと温もり”に溢れていたように感じる。

うちは、絵に描いたような“井戸塀の家庭”だった。
それでも、やっぱりその頃の方が、今よりもずっと豊かだった。
この数十年で、日本は“豊かさの”に陥ってしまったようだ。

この10年、猫も杓子も“グローバル”の大合唱、ニッポン人の悪いところだ。
確固たるローカルがあってこそのグローバルであることを忘れては困る。
by mutsumi_teranishi | 2010-07-28 20:23
まだ? もう?
b0157157_21332353.jpg連日の猛暑。熱中症や熱射病など全国各地で命を落とす方もおられる。考えてみれば、昨年もこんな猛暑の中を選挙区を、1年半の間、休むことも無く、連日駆けずり回っていた。
そう言えば昨夏7月は‘皆既日食’もあった。(ブログ→2009年7月22日) あの昨夏総選挙から“まだ1年”も経っていない。

時間の流れというものを、早く感じる事もあれば、遅く感じる事もある。“まだ”と“もう”、結局は自分自身の心の持ちようだ。
もう限界か?いやまだまだ頑張れる!
by mutsumi_teranishi | 2010-07-26 08:09
シーズン到来!
今年も盆踊りシーズンがやってきた。昨夜も数ヶ所の会場で代理ご挨拶の依頼を受けた。斉藤実名古屋市議、小出昭司名古屋市議、斉藤高央さんら地元中村区お馴染みの顔ぶれが揃いました。ただ、どの会場でも“某・農水大臣”が来賓席に笑顔で座っている姿を見て、ひとりの国民として、さすがに驚きました。今なお、口蹄疫問題で苦しむ宮崎県では様々な行事が中止され、多くの人たちが絶望感の中で辛い日々を過ごしていると宮崎にいる友人から聞いています。さらに悲しい事には、自ら命を絶った畜産農家の方もいらっしゃるとも聞きました。

国会議員の使命とは、政治家の使命とは、いったい何か。それは国民の生命・財産を守ること。担当大臣再任を辞退したことで責任を取った事になるのだろうか?そんなことで宮崎県の方々が救われるのだろうか?
残念ながら疑問を感じざるを得ない光景でした。
b0157157_20545888.jpg
(上の写真は昨年の今日、中川区の金魚祭りへ御招きを受けた際。今年は“タダの人”、もちろん呼ばれていませ~ん。)
by mutsumi_teranishi | 2010-07-25 21:06
京王線沿線にて
八幡山、明大前、桜上水、新宿、懐かしくも新しい景色の中を準急電車で走り抜ける。先日、実に20年以上振りに京王線に乗った。大学日本一を目指してひたすらテニスに打ち込んだ大学体育会テニス部時代。当時は地獄のように思えた八幡山合宿所生活を思い出していた。日本一厳しいと言われ恐れられていた日々の練習、まるで軍隊?のような不条理な上下関係、特に一年生の時は八畳一間に一年生十人が一年間暮らした。今では耳を疑うような話だが本当の話だ。何度辞めてしまおうと考えたことか。

40歳半ばをむかえた今、またもや悔しさと屈辱に耐えて明日に向かっているが、学生時代のあの頃のつらさに比べれば大したことないな、不思議とそう思えるのは、かつて試練を与えてくれた八幡山生活のおかげだろうか。

ふるさとの有り難きかな啄木の心境である。
by mutsumi_teranishi | 2010-07-24 22:28
なごや名物
先の参議院選挙に関わる選挙違反問題(愛知県選挙区与党議員)で、名古屋の名物“味噌煮込みうどん”で投票依頼を受けたとメディアで騒がれている。うどん一杯で、選挙違反?と思うかもしれないが、選挙運動において“どこからどこまでが違反アウトで、どこからどこまでが違反じゃないセーフなのか”、本当に分かりにくい。候補者側から言えば“貰うのは良いが、あげるのはダメ。”と考えておけば問題無いとも言われるようだが、選挙期間中は言い換えれば‘戦場の中’、とにかくどこで何が起きているのかがわからないような状況が何週間も続くのである。候補者自身がすべてを把握する事なんて不可能だと思う。

なごや名物“味噌煮込みうどん”のイメージが、歪曲したイメージ?で全国メディアに取り上げられませんように、生粋のなごや人として祈るばかり。
by mutsumi_teranishi | 2010-07-22 08:34
辛抱は人生の宝。
たとえ賭博事件で世間を揺るがしていたとしても、
梅雨明け途端に猛暑に見舞われている名古屋では、夏の風物詩、大相撲名古屋場所たけなわなのである。

この季節、気温35度を超える猛暑名古屋の街を歩けば
浴衣姿のマツコデラックス”?と見間違うような巨体を度々見かける。

それにしてもここ数日、名古屋の暑さは異常な事態だ。

そういえば、昔、第何代だったかの立行司木村庄之助氏の“辛抱は人生の”と書かれた額を目にした事を思い出した。確かに、人生を生き抜く辛さ、人生の厳しさに比べれば“暑さ寒さ”なんて大したことは無い。

日本の伝統文化、大相撲、まだまだ奥深く味わい深いものであってほしい。人生がそうであるように。
by mutsumi_teranishi | 2010-07-21 09:08
ポロシャツ、ジーンズ、サンダル。
今夕は、久々に“公式行事”は無し。ポロシャツにジーンズ、サンダルの軽装で、熱田のイオンへ買い物に行った。店内は“カブトムシ&クワガタ体験コーナー”あり“風船つり”あり、で夏祭りモード。小さな子どもたちは大はしゃぎ。でも何となく“人工的な季節感”にはやはり違和感もある。
さて、娘たちのショッピングを待つ間、近くにあったベンチに腰掛けリラックス。すると、「あっ!先生。」と偶然にも支援者ご夫妻が僕の目の前に立ち止まりひと言。「先生、もうすぐ戦いがあるかもしれませんね、頑張ってください!応援していますから!!」と力強い言葉。「ありがとうございます、僕、“先生”じゃありませんよ。」と笑顔で答える。
昨夏の戦いから10ヶ月が経つ、今尚、思いもかけないところで、思いもよらない出会いが続く、もはや“普通の休日”はやって来そうにない。それほど、昨夏の戦いは個人的にも歴史的にも記憶に残る激しい戦いだったのだ。支援者の方々にとっても、僕にとっても、そして家族にとっても。
by mutsumi_teranishi | 2010-07-19 23:27
“残る”仕事。
COP10のロゴマーク、最近いろいろなところで見かけるようになってきた。
中部国際空港のロゴマーク、セントレア空港を利用した事のある方にはお馴染みである。愛知学院大学のロゴマーク、上野・松坂屋のマスコットキャラクターさくらパンダ、ぬいぐるみにもなって人気の商品である。国連環境計画の環境サミットのマークも、トヨタグループのロゴマークも、そして“寺西むつみ”のシンボルマークも、どれも名古屋を拠点に活躍するグラフィックデザイナー小川明生さん率いるメンバーが“残した証”である。
b0157157_11204496.jpg
先日、その小川さんのお話を伺う機会があった、途中乱入?したタレントの原田さとみさんが中心的に携わっている‘名古屋水’キャンペーンのマークも小川さんがボランティアでデザインしたものだと伺い、社会のさまざまなところに残っている‘足あと’をうらやましく頼もしく思いました。
(写真右から3人目が小川さん、僕、原田さとみさん、そして名大大学院環境学研究科の皆さん)
by mutsumi_teranishi | 2010-07-19 09:47
寺西むつみ 公式ブログ
カテゴリ
全体
以前の記事
2017年 06月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 04月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧