<   2010年 04月 ( 35 )   > この月の画像一覧
ONとOFF
きのうは昭和の日、GWの初日。
b0157157_19594540.jpg
久しぶりの晴天に恵まれた祝日。本当に久しぶりに家族でテニス。
家族3人でテニスしたのは昨年の春以来、ほぼ一年ぶり。b0157157_2002290.jpg

総選挙にチャレンジする決意をしたのが2年前、それ以来ONとOFFの区別なく走り続けてきたことを改めて確認したFamily Tennisの一日でした。子どもの頃から常にテニスが生活の一部だった僕にとっては、テニスコートが原点。
テニスは一球一球、人生は一歩一歩
まぁ、あせってもしょうがない。

それにしても、
さすがに運動不足、疲れた~。
by mutsumi_teranishi | 2010-04-30 20:51
ハリーポッターの国から来た紳士。
昨日は、イギリスから来日中の親友と久々の再会。
彼女の友人でもあるウィンダミア・スクール(WINDERMERE School)の校長先生をご紹介いただきました。

ウィンダミア・スクールは150年以上の歴史を誇る英国の名門校(全寮制)。
7歳から18歳のこども達約350名が全寮制で学び、暮らす、まさに映画「ハリーポッター」のような世界。それもそのはず、この学校は‘ピーターラビットの里’としても有名な英国湖水地方の国立公園の中にある古城。しかも映画「ハリーポッター」の撮影にも使われた湖のほとりにある。話を聞けば聞くほど大人の僕が入りたくなるくらい素敵な学校生活である。

その伝統校の校長先生イアン・ラベンダー(Ian Lavender)さんは48才、オックスフォード大学で化学を学んだ筋金入りでハリーポッターが尊敬して止まない“ダンブルドア校長”のような優しいまなざしの紳士。初来日した日本の感想は‘効率的で街がきれい’とのことでした。
最も印象的だったのは、子どもたちに最も教えたい事(学んでもらいたい事)は‘Compassion(他人を思いやる心)’とおっしゃったその言葉でした。10月に再来日の予定とのこと、再会を誓って新栄で一杯やりました!
b0157157_055998.jpg
入学希望の方、ご興味のある方、“ダンブルドア校長”をご紹介しますよ。
by mutsumi_teranishi | 2010-04-29 00:57
STUDIO Asahido
今日は、あのアサヒドーカメラの本社ビルにオープンした24時間STUDIOのオープニングレセプションにお招きいただきました。代表取締役の後藤寿美さんは、昨夏総選挙で新人として戦った僕に声援を送り続けてくださった“恩人”のひとり。新たな事業の船出に集まったのは、メ~テレの「どですか」でお馴染みの宮地由紀夫さんの司会にはじまり、名古屋を騒がす面々が数百人。レセプション会場は超満員でした!
b0157157_0204793.jpg
引き出物は“アサヒドー”のネーム入りマカロン♪ 後藤さんおめでとうございました!
by mutsumi_teranishi | 2010-04-28 23:54
地域政党。
“減税日本”。 
こりゃまたすごい名前の政党が出来たものである。
この政党が政権を獲ったら、ずっと減税し続ける国になるのだろうか?
もしどうしても‘増税’に迫られた時は、“減税日本”と“増税日本”に分裂して戦うのだろうか?

ちなみに“脱税日本”と名前を変えた方が良い政党もあるのでは・・・?

いずれにしても、時まさに新党ブーム。ネコも杓子も、といった感じである。
マスコミが挙ってあんなに大騒ぎした‘二大政党制’とやらは、どこへ行ってしまったのか?

やっぱり小選挙区制は国を誤った選挙制度だったわけだ。
我が国が議会制民主主義のお手本としている英国。そのお手本の国も、今や二大政党離れが急加速し“第三極”が待望されているという現実をどう考えるのか。相変わらずニッポンは“欧米列強”に遅れをとっている。
by mutsumi_teranishi | 2010-04-27 22:45
忘却率。
人間は忘れる生きものだ。

その“忘れるスピード”を‘忘却率’としてあらわす事が出来るらしい。
1時間前に教えてもらった事を半分忘れてしまったら、その忘却率は50%、
みたいな感じである。

先週末、たまたま栄界隈で乗ったタクシー。

「すみませ~ん、笹島の交差点へ向ってください。」と僕。

「あれっ、ポスターの人だよね?」とルームミラー越しに運転手さん。

「はぁ?」(ポスターの人??)

「中村区なんですよ、私。森末三丁目なんです。」

「はぁ。」(まさか、僕のポスターは8ヶ月以上も前に全部外したはず。)

「いやぁ、どっかで見た顔だなぁと思ってね。寺西さんでしょ?」

「はい!」(すごい、どうして覚えていてくれるんだろう?!)

「入れましたよ、この前の選挙、寺西さんに。」と運転手さん。

選挙に限っては“忘却率”なんて全くあてにならない。
数字や時間に追われてばかりで、見失っているものがあるに違いない。
やっぱり大切なものほど目には見えない。 

初心忘れるべからず、ということか。
運転手さん、ありがとう。
by mutsumi_teranishi | 2010-04-26 23:28
Beautiful Sunday
この週末は、久々にさわやかな気候に恵まれました。
昨日土曜日は仕事の延長線上、今日は昼から自宅周辺の草むしり。

b0157157_21281570.jpgちなみに大勲位中曽根康弘元総理大臣は浪人時代、ひたすら日の出山荘の草むしりに没頭していたとか。

今日は、僕も余計な事は考えず、ただひたすら‘草むしり’の日曜日。 思えば昨夏選挙以来、草むしりの時間なんてなかったから、ちょっとしたジャングル状態。

気がつけば、ゴミ袋(45リットル)が3つも!!
ちなみに‘雑草’は燃えるゴミです。
by mutsumi_teranishi | 2010-04-25 22:46
舛添政治カレッジ その2
古巣復帰4ヶ月。正直なところ、なかなか生活のリズムがつかめない。
別に仕事が上手くいっていないとかそんな些細な話ではない。(残念ながら、サラリーマンの仕事は僕でなくてはならない、訳ではない。代わりは幾らでもいるのだ。要するに“雇われの身”である限りサラリーマンとはどこまで行っても、自分の時間を毎月の給料に換算して受取るしくみだ。まぁ、そんなことは社会に出た時からずっとわかっているけれど。)

やはり1年半以上も政界の入口で、連日ボコボコに打ちのめされながらも走り続け、その結果が歴史的大敗ではそうは簡単にリズムをつかめないのも当然かと半ば諦め気味に考えている。それに、未だに、昨夏応援し続けてくれていた仲間たち全員に復帰の挨拶さえちゃんと出来ていないことがずっと心にひっかかって仕方がない。

それでも地球は回っている、政治も動いている。新党、第三極、離党、結党、デフレ、普天間、増税、徳之島、高速道路値上げ・・・。

昨年晩秋、「一緒にやろう、力を貸してくれないか。」と舛添政治カレッジへ声をかけてくださった舛添要一前厚生労働大臣が、先週突然の離党。そして「新党改革」党首に就いた。自民党を建て直すためにもニッポンの未来の為にも、必要な政治家であると思っているのだが、正直今回の離党は釈然としない。何よりもこの政治カレッジは、政治だけでなく幅広いジャンルの勉強の場であり、志の高い仲間から普通のサラリーマン感覚では得られない良い刺激を受けることが出来る。是非存続してほしい“場”であると思う。出来れば舛添先生にお会いして直接真意を伺いたいと思っている。

しかしながら、どこまで行っても、いつまでたっても“国民不在”のまま迷走を続けるニッポンの政治。見る度に聞く度に、昨夏の戦いで敗れた責任を感じて、支援してくださった方々に申し訳なく思う。
by mutsumi_teranishi | 2010-04-25 22:41
自民党という動物園。
‘人気者’や‘目玉商品’のことを“人寄せパンダ”と言う。

キリン、ライオン、ゾウ、ペンギン、トラ、ゴリラ、コアラ・・・そしてパンダ。
動物園の魅力は、そこに行けば様々なめずらしい動物たちに会えるところにある。そこに行けば、会いたい動物に会えるのだ。

渡辺喜美元金融・行政改革担当大臣が離党した。
与謝野馨前財務大臣が離党した。
そしてついに、舛添要一前厚生労働大臣が離党した。

渡辺氏は「みんなの党」の代表に、
与謝野氏は「たちあがれ日本」の共同代表に、
舛添氏は「新党改革」の代表に就いた。

“人気の動物”が次々、自民党という名の動物園から出て行ってしまった。

まだまだユニークな動物が沢山残っているとは言え、
“シマウマ”ばかりになってしまっては、魅力的な動物園とは言えない。
動物園ファンの期待に応えるために必要な事は何か。

今どき“ネコとアヒル”だって力を合わせてみんなの幸せを~♪願う時代。
人間が、しかも政治家同士がいつまでも内輪もめしている場合ではない。

ちなみに今年2010年は国連が定めた『生物多様性年』でもある。
by mutsumi_teranishi | 2010-04-24 21:33
清正の井
東京の明治神宮にある『清正井(きよまさのい)』パワースポットとしていま全国で話題になっていることをご存知だろうか? 
その写真を撮る為に毎日長蛇の列で、何時間も並ぶのだそうだ。ちなみにその名のとおり戦国武将‘加藤清正’ゆかりの湧水と言われている。

僕の生まれた名古屋市中村区、そして僕が選挙区(愛知5区)として戦った中川区、清須市は、戦国武将生誕地としても有名だ。清須市はもちろん織田信長、中川区は前田利家、中村区は豊臣秀吉、そして加藤清正。
井戸を掘った張本人、加藤清正公の生誕の地である中村区こそが、ニッポンのパワースポットじゃないか?
b0157157_18221578.jpg
b0157157_18223169.jpg
写真は我が家の菩提寺でもある妙行寺(中村区)境内にある‘清正公像’と生誕の地である事を記した立て看板。
by mutsumi_teranishi | 2010-04-21 23:53
あしたの“ジョー”
コミックから映画化された「のだめカンタービレ」が絶好調らしい。
「怪物くん」も実写版TV番組が始まった。
そしてあの「あしたのジョー」までもが実写版で映画化されるらしい。

主人公の‘矢吹ジョー’とは全く関係はないが、
“情(じょう、なさけ)”という文字がつく日本語は実にたくさんある。

人情、友情、同情、純情、非情、無情、感情・・・。
近年、政治(選挙)は非情だと体感・実感した。
しかし同時に、最後は人は‘情’で動くという事もまた真実だと実感した。
老若男女を問わず、このことだけは経験した者でしか理解出来ないだろう。

僕たちは、日々さまざまな“情”の中で生きている。
きっと明日もまた新たな“情”に出会うのだろう。

人生を生き抜くために、もうひとつ大切な“性(じょう)”がある。
それはきっと「根性」。

「山は静にして性をやしなひ、水はうごいて情を慰する。」
と松尾芭蕉の俳文にもふたつの“じょう”がでてくる。

根性と人情
両方とも目には見えないけれど、しっかりと次世代に伝えたいことだ。
by mutsumi_teranishi | 2010-04-20 23:18
寺西むつみ 公式ブログ
カテゴリ
全体
以前の記事
2017年 06月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 04月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
フォロー中のブログ
最新のコメント
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧