“運動会”から見える“未来”。
Sports ”という英語を“大運動会”と翻訳したのは、福沢諭吉翁と言われている。“きく ”とはまさに、である。近年、小学校や中学校の運動会は、土曜日に開催される事が多くなった。これも少子化や家族の絆などがクローズアップされる時代の要請といわれる。家族三世代みんなが子どもたちの運動会を応援するために学校へ行く、いいことだと思う。
b0157157_1701829.jpg
(写真上:名古屋市内で最も少子高齢化が進む地域のひとつが中村区、母校中村小学校は今年創立140周年を迎えるもっとも歴史ある市立小学校。先生のポロシャツの背番号は全員お揃い“140 ”)
b0157157_1704727.jpg
(写真上:牧野小学校は、名古屋駅から徒歩3分程に位置する。なんとなく近未来的な景色でもある、JRセントラルタワー、ミッドランドスクエアが見下ろす運動会。)
b0157157_1711343.jpg
(写真上:先進的な発想のもと、議論に議論を重ねて笹島小学校と笹島中学校が「小中一貫教育校」として誕生した名古屋市立笹島小中学校。合同体育祭では中学生と小学生が協同して助け合う競技もある。ここでは、帰国子女の生徒も少なくなく、先生も子どもたちも日常生活の中で“文化多様性”を身につけていく、と広瀬校長。)
b0157157_1723670.jpg
(写真上:何よりもうれしいのは「手づくり」であることの大切さが受け継がれていること。中村小学校の運動場には、生徒全員の似顔絵による140周年を祝う大型のバナーが掲げられていました。)もちろん、子どもたちの笑い声が“三丁目の夕日 ”の頃のように街中で聞こえることは理想だが、一方で、昨今の小学校の運動会から“少子化の利点”を垣間見ること、もある。
by mutsumi_teranishi | 2013-06-02 17:34
<< DJポリス スポーツと地域活性化を結ぶ、“... >>
寺西むつみ 公式ブログ
カテゴリ
全体
以前の記事
2017年 06月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 04月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
フォロー中のブログ
最新のコメント
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧